体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実は日本の未来は明るい/自信をなくしているあなたへ

実は日本の未来は明るい/自信をなくしているあなたへ

今回はSeaSkyWindさんのブログ『風観羽 情報空間を羽のように舞い本質を観る』からご寄稿いただきました。

実は日本の未来は明るい/自信をなくしているあなたへ

八方ふさがり?

気がつくともう2012年も残すところ2ヶ月を切っている。そろそろ今年一年を振り返るべき時期が近づいているので、多少予行演習的に今年一年のこと、というよりまず今現在をどのように評価すればいいものか、しばし考えてみた。そして、試しに何人かに今の自分、あるいは日本をどう思うか聞いてみた。

ある程度予想した通り、残念ながらあまり景気のいい話は聞かれない。それはそうだろう。政治も経済も混迷の極みにあって解決すべき重要な問題もいっこうに片付いていかないのに、外交問題のような新たな難題のほうはどんどん増えていく。経済成長の新たな活路を中国等のアジアに求めたはずなのに、気がついてみると中国からも韓国からも返ってくるのは罵倒ばかり。しかも、ものづくり大国とおだてられて、その気になっていたのに、いつの間にか日本の家電メーカーはどん底で、将来に対する展望もないとあっては、自尊心もずたずただ。失われた20年の間にも、ソニーのような日本を代表する会社が、いつか巻き返してくれると期待していた人はけして少なくなかったと思うが、今年はその淡い残された期待が砕かれた一年になりかかっている。

皆自信をなくしている

このブログを書いている最中に、『ソニーがまさかの快挙!スマホ世界シェア第3位に浮上』という記事が飛び込んで来たが、『まさかの』というところが今のソニーの評価を象徴している。実際、ソニーの長期格付けは下がり続け、後一段階下がると『投機的』に落ちるところまで来ている。自信をなくし、八方ふさがりで、不安感に苛まされている、それが今のおじさんサラリーマンの平均的なイメージといえそうだ。

「ソニーがまさかの快挙!スマホ世界シェア第3位に浮上 ―2012Q3出荷台数で」 2012年11月10日 『ガジェット速報』
http://ggsoku.com/2012/11/sony-smartphone-share-2012-q3/

「ソニー:ムーディーズが長期格付けを下げ?投資適格で最低に」 2012年11月9日 『Bloomberg』
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MD7P9M6JTSEI01.html

おじさんに限らず、どうやら若者も同じようなものらしい。去る8月に、文部科学省が公表した高校生を取り巻く状況に関する調査結果を見ると(日本と、米、中、韓を比較)、日本の高校生は、他国に比べて自己肯定感が非常に低くて、将来に不安を感じ、自分の力では社会が変えられないと感じている。しかも他国との差は際立って大きい。まあ、考えてみれば、日本の強かった頃をイメージできない高校生くらいの年齢では、当然というべきか。日本は昔は強かったし、今にまた復活するんだぞ、というメッセージは本当はおじさんの側から発信してあげる必要があると思うのだが、空元気の背後に自信の裏付けがまるでなくなっていることは若者にも見透かされてしまっている気がする。

「日本の高校生、米中韓と比べ自己肯定感が低い傾向」 2012年8月22日 『リセマム』
http://resemom.jp/article/2012/08/22/9402.html

しかし、これは由々しい事態だ。失敗そのものは問題ではない。場合によっては開き直りの力強さがわいてきて、かえって頑張れることだってある。実際、太平洋戦争が終わった後の日本がそうだったわけだし、東日本大震災の直後も、現在よりむしろパワーが旺盛だった印象がある。それが、どうしたことか、今の日本は過度に自信を失っていて、活力がすっかり失われてしまっているように見える。

壮大な勘違いでは?

日本は中国や韓国のような近隣の国からも嫌われ、日本のものづくりはガラパゴスで日本人以外に通用せず、文化は好奇の対象でしかなく、性善説的で曖昧な法律判断やビジネス手法は世界の常識とはかけ離れていて通用せず(日本の常識は世界の非常識)、政治的にも経済的にも縮小した小国となってしまう運命を受け入れるしかないのか。近代主権国家としての日本があまりに他国とくらべて『普通』ではなく、未成熟でナイーブであったことは確かだろう。世界から評価されていたものづくりも、職人的な巧みな技では負けなくても、市場の変化に合わせて自らを変え、コンセプトを練り直し、それを生かすための場を作るための、経営・作戦という点ではいただけなかった。自ずと、『日本よ、性善説だけでは世界の競争は勝ち抜けない。時には、性悪説、悪の論理が支配する弱肉強食の世界を乗り切るために大人になれ。普通の国になれ。』という声ばかり強くなった。

だが、どうもしっくりこない。本当にそうなのか。もしかすると、壮大な勘違いではないのか。単に、19~20世紀的な帝国主義的近代においてはナイーブで、労働集約型大量生産にこだわると無理があり、マルクスの亡霊が生きていた頃の意味での『生産力』においては縮小を余儀なくされ、米国一国集中型のグローバリズムの世界では生きにくくなっているということではないのか。確かに今やアジアの金融の中心は日本ではないが、経済は金融だけが支配しているわけでもない。そもそも本当に日本人は嫌われ、日本は嫌がられているのか。

少し観点を変えると意外な面が沢山見えてくる。

好かれる日本

先頃、アウンコンサルティングが、アジアのGDP上位10カ国を対象に実施した「アジア10カ国の親日度調査」によると、韓国、中国を除く8カ国では80%以上(84%~97%)が日本を「大好き」「好き」と回答し、昨今関係が悪化しているとされる中国でさえ、半数以上の55%が「大好き」(14%)「好き」(41%)と回答したという。

「意外? 中国では55%が日本を「大好き」「好き」と回答–アジア10カ国親日度」 2012年11月7日 『マイナビニュース』
http://news.mynavi.jp/news/2012/11/07/089/index.html

調査の手法や時期、サンプル数等に疑義ありという人もいるかもしれないが、BBCの調査でも、日本は世界から肯定的に評価されていることが伺える。

世界へ好影響、日本がトップ=中韓では「否定的」-国際世論調査 :時事

【ロンドン6日時事】国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本-。世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。