144Hzディスプレイと最大16GB RAMを搭載するASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone 3」は9月26日発売へ

access_time create folderデジタル・IT

ASUS JAPANは、ゲーミングスマートフォンの新製品「ROG Phone 3」を9月26日に発売することを発表しました。リフレッシュレート144Hzの6.59型フルHD+ディスプレイ、CPUに動作周波数3.1GHz、オクタコアのSnapdragon 865 Plusを搭載し、ストレージ容量は512GB。メモリー容量16GBモデルと12GBモデルをラインアップし、16GBモデルは12万9800円(税別)、12GBモデルは11万9800円(税別)。発表に合わせて、12GBモデルをお借りして触ってみました。

ガラスの背面にはASUSのゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」の発光するロゴを配置。カメラとロゴを視認できる専用カバーが付属します。

3眼のカメラは、ソニーのIMX686センサー搭載の6400万画素メインカメラ、1300万画素広角カメラ、500万画素マクロカメラの構成。

6.59型フルHD+(2340×1080ドット)ディスプレイはリフレッシュレートが最大144Hz。インカメラは2400万画素。指紋認証センサーも画面に搭載します。

「ロックマン X DiVE」「Dead Cells」といったタイトルが既に144Hzに対応しています。

タッチサンプリングレートは270Hzで、タッチ応答速度は25ms、スライド遅延速度は18msと超高速反応を誇ります。

画面に向かって右側面に、両手で横持ちにした際に使えるボタン「AirTrigger 3」を搭載。トリガー操作に使える他、スワイプ、最大4回の連続タップ、ボタンを2分割した操作など幅広い操作をアサインすることができます。

インタフェースはUSB2.0 Type-C。Quick Charge 4.0とUSB Power Delivery 3.0に対応する30W出力のUSB急速充電器が付属し、6000mAhの大容量バッテリーを1.5時間で充電できます。

画面に向かって左側面にもUSB 3.1 Gen1 Type-Cポートを搭載。こちらは、同梱の外付け冷却ファン「AeroActive Cooler 3」を装着するドッキングポートとして使用します。ゲームのパフォーマンスを発揮する際に使用し、最大4℃の冷却が可能。

AeroActive Cooler 3はキックスタンドを搭載し、動画視聴や待ち時間などにテーブルの上に置いて使用できます。

ゲームに関する設定は、ROGブランドのゲーミングPCでおなじみの「Armoury Crate」アプリを使用します。CPUとGPUのパフォーマンスを引き出す“Xモード”は3段階設定でき、AeroActive Cooler 3を取り付けた状態で最高レベルの3に設定できます。

「特集」タブではリフレッシュレート144Hz対応のゲームやAirTriggers対応のゲームを一覧でき、端末の特性に合ったゲームを選んでインストールすることができます。

ゲームのプレイ中は画面左端から右にスワイプして設定アプリ「Game GENIE」を起動可能。フレームレートやCPUクロックなどステータスを確認できるほか、照準のクロスヘアをカスタマイズしたり、AirTriggersに割り当てる操作ボタンをアサインすることができます。「PUBG Mobile」のようなバトルロイヤル系ゲームなら照準をLボタン、トリガーをRボタンに割り当てると、ゲームコントローラーと同じ快適さでプレイ可能に。

照準の正確さも手伝ってか、PUBG Mobileでは初めてドン勝してしまいました。

「Real Racing 3」では、快適な操作性が楽しめて表示も滑らか。144Hz対応のメリットはレースゲームでより強く感じられます。

デュアルスクリーン拡張ユニット、本体の左右に接続しても使えるゲームパッドといったアクセサリーも充実。デュアルスクリーン拡張ユニットの「TwinView Dock 3」は9月26日発売予定で希望小売価格は2万6800円(税別)。ゲームパッド「ROG Kunai 3 Gamepad」は2020年内の発売予定で、機能小売価格は1万980円(税別)。ROG Phone 2用のアクセサリーも、外付け冷却ファンを除いてROG Phone 3でも対応しています。

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧