CGで作成した『ストレンジャー・シングス』など6種類のポリーポケット 架空のアイテムなので販売はしていません

access_time create folder生活・趣味

コンパクトなドールハウスとして日本でも90年代に流行したポリーポケット。

この投稿をInstagramで見る TheToyZone(@inthetoyzone)がシェアした投稿 – 2020年 9月月17日午前10時36分PDT


https://www.instagram.com/p/CFPwovbnYLi/

イギリスのおもちゃレビューサイト「The Toy Zone」が、ポップカルチャーをテーマにCGIアーティストとチームを組んで制作した6種類のポリーポケットの画像を公開しました。PhotoshopやCINEMA 4Dを使って、リアルなプラスチックの質感を再現しています。

『ストレンジャー・シングス』のバイヤーズ邸。

『ザ・シンプソンズ』のシンプソンズ邸。

『ロード・オブ・ザ・リング』のホビットの家。

他には『フレンズ』のモニカのアパート、『シャイニング』のオーバールック・ホテル、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のテネンバウムズ邸をモチーフとしたポリーポケットの画像が公開されています。

※画像:Instagramより引用
https://www.instagram.com/p/CFPwovbnYLi/

※ソース:
https://thetoyzone.com/pop-culture-polly-pockets[リンク]

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧