32億画素の写真が公開! スタンフォード大運営の研究所が撮影に成功

access_time create folderデジタル・IT

スタンフォード大学が運営するSLAC国立加速器研究所は、単一ショットでは世界初となる32億画素のデジタル写真撮影に成功した。

写真をフルサイズで表示するには4K超高精細テレビ(UHDTV)378台が必要で、約24km離れた地点にあるゴルフボールを見ることができるという。

この撮影は、SLACで組み立てられたセンサーアレイをテストしたもの。同センサーアレイが組み込まれる世界最大のデジカメは、チリのヴェラ・ルービン天文台に送られ、10年以上にわたって約200億個の銀河の画像を収集することになっている。

数千km離れた場所からろうそくを検出できる

デジカメでいうイメージセンサーに値するセンサーアレイには、189個のセンサーが組み込まれている。それぞれが1600万画素となっていて、非常に平坦なのも特徴。凹凸の幅は髪の毛の10分の1程度しかないとのこと。

こうした特徴から、信じられないほどの高解像度で写真を撮影できる。天体観測に利用されるためのものだけあって、暗いオブジェクトの検出もお手のもの。肉眼の1億倍の感度を備え、数千km離れた場所からでもろうそくが検出可能だ。

ラフトは1台3億2000万円

Credit: Rubin Observatory

センサーを9個セットしたパーツ「ラフト」は、1台で最大300万ドル(約3億2000万円)とのことで、組み立ても非常に慎重に行われたようだ。カメラが組み立てられ、ルービン天文台で稼働するまではまだ神経質な作業が続けられる予定。その前段階として今回、150ミクロンのピンホールを使用してセンサーアレイの撮影テストが行われた。

テストでは、被写体としてブロッコリーの一種、ロマネスコなどが選ばれ、表面構造を詳細に捉えるセンサーアレイの性能が示されている。これらの画像はこちらから確認できる。

ルービン天文台による「宇宙と時間に関するレガシー調査(LSST)」は、2022年に開始予定となっていて、超高解像度カメラが銀河やダークマターの謎を解明してくれることに期待したい。

参照元:Sensors of world’s largest digital camera snap first 3,200-megapixel images at SLAC/ Stanford News

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧