Amazonで見つけたヘンテコな映画レビューを紹介するTwitterアカウント 「字幕だから観るのやめた」「映画館でM&M’Sのピーナッツが売ってなかった」

access_time create folderエンタメ

Twitter上にはさまざまなアカウントが存在しています。その中から、Amazonで見つけた面白い映画レビューを紹介するTwitterアカウント「Amazon Movie Reviews」をご紹介します。


https://twitter.com/AmznMovieRevws/status/1229447991448264705

アカデミー賞作品賞を獲得した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』のレビュー。一つ星をつけた理由として「中国映画だという警告がなかった」「字幕だから観るのやめた」「5分で観るのやめた。全部字幕の外国語映画だった」というレビューが投稿されています。


https://twitter.com/AmznMovieRevws/status/1227277060156116994

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の一つ星レビュー。「ひどいな。70年代に撮影された映画みたいだ」って、これは1977年公開の映画ですよ。


https://twitter.com/AmznMovieRevws/status/1225819767258390535

『シャイニング』のレビュー。一つ星の理由は「映画全編を通じてジャックはすごい嫌なヤツ」だからだそうです。「いいヤツ」だったら成立しないストーリーなんですけどね。


https://twitter.com/AmznMovieRevws/status/1285986654130515969

『ロボコップ』のレビュー。「ACAB(All Cops Are Bastards=おまわり全員クソ野郎)」。アメリカ国内では警察への風当たりが強いという時代背景も関係しているのでしょうね。


https://twitter.com/AmznMovieRevws/status/1217492234557366272

去年公開された『キャッツ』のレビュー。一つ星の理由は「映画館でM&M’Sのピーナッツが売ってなかった」からだそうです。そこなの!?

他にも「エイリアンがいない(『ファースト・マン』)」「なぜか白黒(『ザ・ライトハウス』)」「タランティーノの映画なのに暴力シーンが少ない(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)」「なんで海の中でジーンズ履いてるの(『アクアマン』)」「全てのキャラクターがとんでもないスーパーパワーの持ち主(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)といった一つ星レビューが見受けられました。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/amznmovierevws

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧