【図説で愛でる劇中車 第16回】映画「BABY DRIVER」に登場する車たち

access_time create folder生活・趣味
【図説で愛でる劇中車 第16回】映画「BABY DRIVER」に登場する車たち

 

国内外問わず様々な映像作品(アニメも含め!?)に登場したあんな車やこんな車を図説するコーナー! 【連載:図説で愛でる劇中車】

 

国内外問わず様々な映像作品(アニメも含め!?)に登場したあんな車やこんな車を、イラストレーター遠藤イヅルが愛情たっぷりに図説する不定期連載!

 

第16回は、2017年に全米公開が行われた映画「BABY DRIVER」をチョイス。映画内に登場した様々な車の中から、代表的な車種を選抜してご紹介します。

 

開始早々、6分間にわたるインプレッサの熱い走りに注目!

2017年に全米で公開され、同年に日本でも公開された映画「BABY DRIVER(ベイビー・ドライバー)」。

 

大まかなあらすじは、「ベイビー」と呼ばれる若者が犯罪者を逃すドライバーを務めていたものの、その仕事から足を洗おうと……おっと、やっぱりこれ以上は書けません(涙)。

 

なぜベイビーがゲッタウェイ・ドライバーをすることになったのか、そして彼は果たしてそれを辞めることができたのか……については、ぜひ映像を見てみてくださいね。

 

この映画の見所は、ズバリ「カー・アクション」です。

 

映画全編にわたって激しいカーチェイスが繰り広げられますが、映画開始早々の冒頭6分間から、いきなりベイビーの凄腕を存分に見せつけるシーンが続きます。

 

そのときベイビーが操るのが、2006年型のスバル インプレッサWRXです。

 

スバル インプレッサWRX強盗を乗せ、華麗なテクニックでアトランタの街を縦横無尽に駆け抜け、さらに頭脳プレイで警察を巻くインプレッサの活躍は大きな見所になっています。

 

ちなみに撮影には数台が用意され、本来の4WDからFR(後輪駆動)に改造された車両も。

 

各部をチューニングし、エンジンをWRX STI用に換装するなど、様々な改造が施されたとのことです。

 

何気ないアメリカの「ふつうの車たち」が多数登場

ベイビーがドライバーとして乗り込む車や、逃走中に乗り替えたりする車、街中を走る車は、どれも特別な車種ではありません。

 

ごくふつうに、アメリカの街中を走っている車ばかりです。

 

今回はその中から、三菱 ギャラン(2008年型)とフォード トーラス(2013年型)を選んでみました。

 

三菱 ギャランこれギャランなの? と思ったかもしれませんが、日本での販売を2005年終えた後、しばらくアメリカでは専用の車体を得て継続発売を行っていました。

 

そのため、イラストで描いたギャランは、日本では見られないスタイルになります。

 

もう1台のトーラスも、「知っているトーラスと違う」のではないでしょうか。

 

日本では、1990年代にヒットした2代目トーラスが有名ですよね。その後輸入が途絶えてしまいましたが、アメリカではその後もモデルチェンジを繰り返していました。

 

劇中に登場したのは、2010年から発売を開始した6代目です。

 

トーラスは長年にわたってよく売れた、アメリカの定番的なモデルでしたが、2019年、ついにSUVブームに押されて生産終了が発表されました。

 

ラストまで息をつかせぬカーアクションの連続!

終盤になって物語は大詰めを迎えますが、そこでも激しいカーアクションが見られます。

 

ベイビーをアトランタ市警察のダッジ チャージャーが襲うのですが、最後はシボレー ブレイザー(K5)で応戦します。

 

シボレー ブレイザーその戦い方は……なんとパワー勝負! どちらがどんなふうに勝つのか? その結果は、もちろんここでは書けません。

 

ラストが、「アメリカ車らしい大迫力のハイパワー・パトカーとアメリカを代表するクラシカル・クロスカントリー4WDの対決」というのが、いかにもアメリカ映画っぽくて好ましいと感じました。

 

どちらの車もエンジンバリエーションに6気筒がありましたが、劇中では搭載エンジンの言明はないものの、きっとチャージャーもブレイザーも大排気量のV8を搭載しているのではないか……と思います。

 

「車も出演者」であることを再認識

この映画はBGMの選曲が良いことで知られていますが、車の選抜もかなりこだわっています。

 

今回描いた5台だけでなく、画面に出てくる無数の車も監督による「キャスティング」によって選ばれたのだそうです。

 

実際の犯行をリサーチし、犯人に使われやすい車種のみならず、色までもチェックして映画に反映しており、それが映画にリアリティをもたせているのかもしれませんね。

 

車は小道具にあらず。俳優だけでなく、車の選び方で映画の雰囲気が変わってきます。

 

「車も出演者」であることを、この映画はあらためて教えてくれるような気がしました。

 

文・絵/遠藤イヅル

 

※イラストの無断転載、改変その他類似の行為を禁じます

 

※本記事は十分に調査したうえで掲載しておりますが、すべての情報の正確性において一切の責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください

 

関連記事リンク(外部サイト)

スバル インプレッサWRX(2代目)の中古車を見てみる
ダッジ チャージャー(現行型)の中古車を見てみる
シボレー ブレイザー(K5)の中古車を見てみる

access_time create folder生活・趣味

日刊カーセンサー

日刊カーセンサーは、中古車だけでなく新型車やドライブ、カーグッズ、レース&イベントなど幅広いジャンルの情報・ニュースをお届けするエンタメ系自動車サイトです。面白くて役に立つネタを全力で配信しています。

ウェブサイト: http://www.carsensor.net/contents/

TwitterID: carsensor

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧