ゲームを遊びながら充電できるゲーミングモバイルバッテリー グリップと冷却ファン搭載の「Anker PowerCore Play 6700」が発売

access_time create folderデジタル・IT

アンカー・ジャパンは8月13日、ゲーミングモバイルバッテリー「Anker PowerCore Play 6700」を発売しました。価格は3990円(税込み)。

幅約14.5cmから約16.1cmまで調整でき、さまざまなサイズのスマートフォンを装着可能。ゲームをプレイしながら、USB Type-Cポートからは15W、USB Type-Aポートからは12Wの出力でスマートフォンを充電できます。バッテリー容量は6700mAh。

重量は約236g。グリップ状の形状により、両手で持って快適にゲームがプレイ可能。背面にスタンドを搭載するので、机の上に置いて動画鑑賞などにも利用できます。

冷却ファンを搭載し、バッテリー本体の発熱を最大30%抑制。プレイ中のスマートフォンの加熱を防ぎます。

 「Anker PowerCore Play 6700」仕様
製品サイズ:約169x88x38mm
製品重量:約236g
入力:5V=2A
出力:
USB-Aポート:5V=2.4A
USB-Cポート:5V=3A
バッテリー容量:6700mAh
パッケージ内容:
Anker PowerCore Play 6700、USB-C & USB-Aケーブル、取扱説明書、18か月保証+6か月 (Anker会員登録後) 、カスタマーサポート
製品型番:A1254011 (ブラック)

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧