ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NMB渡辺美優紀の『南天のど飴』CMに“大阪のおばちゃん”もコラボ!? CM撮影現場をウェブ限定公開!

『南天な一日』テレビCMより

「なんてんのどあめ~」。微妙に関西弁風な節回しの『南天のど飴』のテレビCMに、NMB48所属の渡辺美優紀さんが出演し、2012年10月29日より全国でオンエアされます。大阪のシンボル・通天閣がある新世界で行われたCM撮影に、なんと大阪のおばちゃんたちもコラボ(?)参戦。テレビCMとともに、『南天のど飴』を中心に心温まる交流を繰り広げる様子が、サイドストーリーとしてウェブ限定ムービーで10月22日より先行公開されています。

『南天のど飴』ブランドサイト

同CMは、『南天のど飴』とNMB渡辺美優紀さんのコラボレーションの一環として制作されたもの。CMオンエアに先駆けて『南天のど飴』ブランドサイトでは、テレビCMおよびメイキングムービー、そしてウェブ限定ムービー『南天な一日』を公開しています。

『南天のど飴』CM撮影現場風景

『南天な一日』では、そろいもそろってヒョウ柄服に身を包んだたむろしている“大阪のおばちゃん”たちが登場。「渡辺美優紀ちゃんや!」「やっぱりホンマもんはかわいらしいな~!」とワイワイやっています。大阪のおばちゃんには、いつでもどこでも誰にでも「アメちゃんあげよか?」と言う人が多いのですが、ここでは咳こんだおばちゃんが「南天のど飴なめよか~」と自分の口にほおりこんでいました。

『南天な一日』動画より

さて、『南天のど飴』といえば丸い缶パッケージが定番。おばちゃんが持っているのも缶タイプですが、ふと見ればCM撮影中の渡辺さんがにっこり手に持っているのはパウチタイプの新商品。「袋や!」「おっしゃれー!」と“新しいもん好き”な大阪のおばちゃんたちは大騒ぎをはじめます。そういえば、袋型のものであれば、パウチでもスーパーのレジ袋でもバッグでもなんでも「袋」とまとめて総称するのも、大阪のおばちゃんの一特徴かもしれません。

『南天な一日』動画より CMソングを歌う大阪のおばちゃんたち

そんなおばちゃんたちをヨソにCM撮影は順調に進むかと思われたのですが、ここで渡辺さんにちょっとしたハプニングが! 実は、渡辺さんは喉の調子が良くなかったのです。撮影の途中で、さっそく『南天のど飴』を口にほおりこむ渡辺さんを、おせっかいな大阪のおばちゃんたちが放っておくわけがありません! 口うるさいけれど、人情にアツいのが大阪のおばちゃん。 外野からしつこく何度も「なんてんのどあめ~」と歌って渡辺さんを励ます姿はなんともハートウォーミングです。

『南天な一日』動画より 「おつかれちゃんやで~」と歌う渡辺美優紀さん

『南天のど飴』パワー(とおばちゃんの励まし(?)によって喉がスッキリした渡辺さんはCM撮影を無事終了。さくっと引きあげるかと思いきや、あたりを見回してキョロキョロしはじめます。ようやく、おばちゃんたちを見つけると「おつかれちゃんやで~」と『南天のど飴』の節回しで歌ってキュートに挨拶をしちゃいます。その愛らしさに、おばちゃんたちはもうメロメロ。「ええこやなぁ~」と連呼して身もだえます。

『南天な一日』動画より パウチタイプを手にするおばちゃんたち

「やっぱりうちらもパウチやなあ~」。渡辺さんにコロッといかれて新商品のパウチタイプに乗り換えるおばちゃんたち。大阪のおばちゃんってほんまに単純ですね。大阪生まれの筆者としては「大阪の女性はみんなヒョウ柄を好むなんてありえへん!」とツッコミを入れる部分もありつつも、「こんなおばちゃんいるかもしれん……」とうなずかされました。テレビCMと一緒に楽しんでみてはいかが?

『南天のど飴』パウチタイプは、「はちみつ梅風味」「はちみつハーブ風味」「黒糖シナモン風味」「黒糖ミント風味」各430円(税込み)。「黒糖シナモン風味」「黒糖ミント風味」は缶タイプとスティック内包タイプもあり、それぞれ880円、451円(いずれも税込み)。

『南天のど飴』ブランドサイト
南天のど飴 テレビCM、テレビCMメイキング動画、ウェブ限定ムービー『南天な一日』はこちらでご覧いただけます。大阪のおばちゃんたちはCMにも登場しています!
http://nodoame.jp/library/

画像:動画とブランドサイトより引用
 


Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy