あなたの余命は○時間…… 死を告知するアプリをめぐるスリラー『カウントダウン』日本公開[ホラー通信]

access_time create folder映画
『カウントダウン』

“余命が分かるスマホアプリ”という都市伝説的なテーマがティーンの間で話題となり、2019年秋にアメリカでスマッシュヒットを飛ばしたスリラー『カウントダウン』が日本公開。9月11日より全国順次公開となる。

パーティーの席。若者たちの間で“自分の余命が分かるアプリ”が話題となり、各々が自分のスマホにそのアプリをダウンロードすると、その中のひとり、コートニーには余命が「3時間」と通知が届く。不安に襲われた彼女は、酒に酔った恋人エヴァンの運転する車に乗るのを拒み、ひとりで帰宅。すると、アプリから「同意事項が破られました」との通知が届く。それと同時にエヴァンの車は事故を起こし、コートニーは命拾いするが、余命アプリのカウントダウンは「0」になり、想像を絶する恐怖に襲われる……。

興味本位でアプリをダウンロードした人々が、アプリの提示する死の運命に逆らおうとすると、「利用規約違反」の通知が届く。逃れられない死の運命に翻弄される人々を描いた『ファイナル・デスティネーション』や『リング』にも通じる“絶対死”ホラーだ。

『カウントダウン』

監督・脚本は新鋭のジャスティン・ディック。出演は、ドラマ『YOU ―君がすべて― 』のエリザベス・ライル、『アナベル 死霊人形の誕生』のタリタ・ベイトマン、ドラマ『ブラック・ライトニング』のジョーダン・キャロウェイほか。キャロウェイは本作について、「多くの怖いシーンがありますが、たくさんのユーモアも入っています。誰かが無理をしているようなユーモアのタイプではありません。脚本が素晴らしいという証拠なんです」と語っている。

『カウントダウン』
2020年9月11日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次公開
映画公式サイト:countdown-movie.jp[リンク]

(C) 2020 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧