ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「10代/20代が選んだ青春ソングランキング」20代トップは、19「あの紙ヒコーキ くもり空わって」

レコチョクは、ユーザー投票による「10代/20代が選んだ青春ソングランキング」を発表した。

10代が選んだ青春ソングランキング1位は、GReeeeN「キセキ」。「中学校1年生だったとき、ドラマとともにものすごく流行りました!!当時好きな男の子が野球部だったのでこれを聴くと青春が蘇ります」など、2008年にTBS系列で放送されたドラマ「ROOKIES」主題歌として当時大ヒットを記録した同曲が、多くの10代に支持され1位になった。

20代が選んだ青春ソングランキング1位は、1999年にリリースされた19の「あの紙ヒコーキ くもり空わって」。「やっぱり青春といえば、この曲です。文化祭のテーマソングになってみんなで聴いた大切な1曲」など、思春期の夢や希望を表現した歌詞が、当時中高生だった20代の支持を集めて1位となった。10代、20代それぞれ5位までの結果は以下の通り。

<10代/20代が選んだ青春ソングランキング>
■10代編
1位:「キセキ」GReeeeN
2位:「小さな恋のうた」MONGOL800
3位:「君に届け」flumpool
4位:「告白」FUNKY MONKEY BABYS
5位:「青いベンチ」サスケ

■20代編
1位:「あの紙ヒコーキ くもり空わって」19
2位:「道」EXILE
3位:「小さな恋のうた」MONGOL800
4位:「LOVEマシーン」モーニング娘。
5位:「愛唄」GReeeeN

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。