ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『逃走中』で自首したドランクドラゴンの鈴木拓 炎上が続きTwitterアカウントをついに削除

10月7日に放送されたフジテレビの人気番組『逃走中』の番組内で、ドランクドラゴンの鈴木拓さんが自首したことをきっかけに『Twitter』が炎上続きだった。この件は先日ガジェット通信でもお伝えしたが、その際は律儀にリプライ(返信)しており、中には悪質なツイートにもユーモアで返事を返すという物も見られた。

鈴木拓さんは130万2000円の時点で捕まるリスクを避け、自首を選択。自首するとそれまでの賞金をもらえる代わりにゲームが続行できなくなる。『逃走中』で定められたルールであり、違反ではない。過去にも自首をした参加者は大勢おり、中には自首直前で捕まったケースや、自首しなかったばかりにハンターに捕まり賞金がゼロとなる参加者もいた。

そう、この自首は使うタイミングがシビアで、「あともう少し行けそう」と「いつ捕まるかわからない」のジレンマを上手く心理的についているのだ。もちろん参加者の中には自首はしたくないという者もいるだろう。プライドもかかっているわけだ。
自首は特に難しいことではなく、自首用電話を使って自首を宣言するだけ(ボタンの場合もある)。このように容易に自首できるが、自首用電話に行くまでに捕まる可能性もある。

鈴木拓さんは自首に成功したのだが、見ていた視聴者の一部から反感を買い『Twitter』が大荒れとなってしまった。それが収まることがなく、「本当はこの炎上から逃走したいです。 これは自首できないですかね」と弱音を吐くこともあった。昨晩(12日)に「諸事情によりTwitterをやめたいと思います。 これからも応援宜しくお願いします」というツイートを最後に、『Twitter』アカウントを削除。実際に鈴木拓さんのアカウントにアクセスしてみると「そのページは存在しません」と表示される。

なぜ彼をそこまで追い込んだのだろうか? 自首はルールの内ではないのだろうか? そういった議論がネット上でされているが、未だに答えは出ていない。個人的には彼のキャラに合っていて良いと思ったのだが。

人気番組『逃走中』でドランクドラゴンの鈴木拓が自首して130万円ゲットするもTwitter上で叩かれる 「ルールなのになんで?」

※画像は『Twitter』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。