演劇配信『ひとりしばい』「vol.3北村諒」西田大輔書き下ろし新作に「とても幸せな時間でした」

access_time create folderエンタメ

北村諒さんが挑戦する演劇配信『ひとりしばい』が7月4日に行われました。

新型コロナウイルスの影響により、大小問わず様々な演劇の興行が中止になっている中、最大限「NO!!3密」を意識した上で、「キャスト・スタッフらに活動の場を作りたい!」「舞台に立つキャストの姿をお客様に観てもらいたい!」という想いから講談社とOffice ENDLESSの共同プロジェクトで実現した演劇配信『ひとりしばい』。その第3弾として、「vol.3 北村諒」が7月4日(土)17時から配信。5日からアーカイブ配信も決定しました!

『ひとりしばい』はタイトルの通り、キャスト1名による一人芝居です。豪華な演出家とタッグを組み、完全オリジナルストーリーをお届け。稽古はオンラインミーティングアプリ「Zoom」なども活用し、観劇は配信課金システム「ファン・キャス」、会場は池袋に誕生したLIVEエンターテインメントの複合施設ビル「Mixalive TOKYO」(ミクサライブ東京)の「Hall Mixa」を使用します。

北村諒さんが出演するのは、西田大輔さんが作・演出を手掛ける、書き下ろしの新作「ひとりシャドウストライカー、またはセカンドトップ、または、ラインブレイカー」。

第二次世界大戦前のドイツで、「みんなを幸せにしてくれた」とヒトラーを慕う母親に育てられた少年。“ヒゲの悪魔は当時の僕らにとっては革命家”であり、ヒトラーの片腕・ゲッペルスに憧れた幼少期。

そんな彼が出会いを通して「二番が一番」の意味を知り、大人になっていく。スポークスマンとして生きる姿を描きます。

ひとりきりのストレートプレイをやりきった北村さんは、「とっても幸せな時間でした」とお辞儀をしました。

舞台袖の控室で笑顔で顔を見合わせた西田さんは、「素晴らしいと思いました。なんか代弁をしてくれたような気がしました」と感想を述べると、北村さんが「大きいものを背負わせてくれた、と僕は勝手に思っているんですけど。何か他の俳優たちのものも背負って、西田さんの想いも背負ってみたいな」と返し、「伝わりました!これが1つの意志みたいに見えて良かったです」といったやり取りも。

北村さんは「一人芝居という貴重な経験と、西田さん作・演出という贅沢な機会をいただけて本当に感謝しています。そして観てくださった皆様も本当にありがとうございました。これに尽きます。これからもまたどこかで出会えるように頑張ってまいりますので、それまで元気な姿で皆様、頑張っていきましょう、また会いましょう」とメッセージを届けました。

そして、ひとりしばいNEXT STAGE上演決定! 荒牧慶彦さん、小澤廉さん、北村諒さんと行ってきた本シリーズ。次はどのキャストが、誰と組んで作品を生み出すのか!? 続報をお待ちください。

アーカイブ配信、舞台写真販売決定!

「ひとりしばいvol.3 北村諒」のアーカイブ配信
◾︎受付期間 7/4(土)20:00〜7/12(日)20:00
◾︎視聴可能期間 7/5(日)12:00〜7/12(日)23:59
【会場】Zoom
【チケット料金】各回3,000円(税込)
【主催】舞台「ひとりしばい」製作委員会
【企画・制作】講談社/Office ENDLESS
【公式HP】http://officeendless.com/sp/hitorishibai[リンク]
【公式ツイッター】 @hitoshiba2020 ハッシュタグ「#ひとしば」

■舞台写真販売:
各出演者3枚組 セット(各600円)
Office ENDLESSのECサイトにて販売開始

(C)舞台「ひとりしばい」製作委員会

関連記事:
チャットで参加していた視聴者も驚き!小澤廉×川本成 演劇配信『ひとりしばい』【好きな場所】ラストは笑顔になれる新感覚エンタメ作品
https://otajo.jp/88929

兄弟刀の北村諒と定本楓馬はお揃い衣装!『映画刀剣乱舞』完成披露イベントに刀剣男士キャストがタキシードで登壇
https://otajo.jp/75872[リンク]

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧