彼らが事故物件で見たものは…… 松原タニシ原作『事故物件 恐い間取り』予告編解禁[ホラー通信]

access_time create folder映画
『事故物件 恐い間取り』メインビジュアル

お笑い芸人・松原タニシ氏によるベストセラーノンフィクション『恐い間取り』を映画化し、『リング』の中田秀夫監督がメガホンをとった『事故物件 恐い間取り』が8月28日より公開。このたび予告編が解禁となった。

“事故物件住みます芸人”として知られる松原タニシ氏の実体験をもとに、ひとりの芸人が様々な事故物件で体験する恐怖を描く本作。タニシ氏をモデルにした主人公の山野ヤマメを、KAT-TUNのメンバーとして絶大な人気を誇る亀梨和也が演じている。

番組プロデューサーに「事故物件に住んで心霊映像が撮れたら新コーナーを作ってやる」と無茶振りされた、売れないお笑い芸人・山野ヤマメ。予告編は、そんなヤマメが不動産屋で様々な事故物件の間取り図を見せられるシーンから始まる。事故物件に移り住み、心霊映像の撮影に挑むヤマメ。早速、初日の夜に“何か”が映り込んだ映像の撮影に成功するが、次第に周囲で奇妙な現象が起こりはじめる。ヤマメは危険を顧みず、さらなる撮れ高を求めて事故物件での生配信に挑む――。

併せて解禁となったビジュアルでは、ヤマメと、ヤマメの相方の中井(瀬戸康史)、ヤマメの身を案じるメイクアシスタントの梓(奈緒)の3人が、何かに恐れおののく様が映し出されている。果たして、その部屋で一体なにが起こったのか?

『事故物件 恐い間取り』
2020年8月28日(金)全国ロードショー

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧