英語学習をロボットがサポート!「Musio」、富岡市立西中学校への導入が決定

access_time create folderデジタル・IT

人工知能エンジンおよび人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA株式会社(以下、「AKA」)は、同社の英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」を、群馬県の富岡市立⻄中学校へ導入する。

日常的に英語を話す環境が実現

AKAが開発した「Musio」は、 自ら考えて会話できるだけでなく、 その会話内容を少しずつ覚えていく英語学習AIロボットだ。

英語学習に役立つ機能として、アメリカのネイティブ英語による自然な英会話が可能な「チャットモード」や、会話に必要な単語やフレーズを反復練習するための「エデュモード」を備えた。また、専用教材の使用によってレベルや目的に合わせた学習ができる「チューターモード」も用意し、 すべての英語学習者にとって頼もしいパートナーになってくれる。

今回は、その「Musio」が富岡市立西中学校に導入される。これにより、同校では日常的に英語を話す環境が実現する。

埼玉県の中学校での実証実験も

教育現場における「Musio」の活用は、今回が初めてではない。

昨年9月から今年2月にかけ、埼玉県の和光市立大和中学校にて実証実験が行われていた。対象は同校の特別支援学級の生徒で、「Musio」の学習効果を確かめるために授業内で同ロボットを使用した。

その結果、生徒が英語を積極的に発音したり、集中して発音トレーニングを行ったりするなど、学習への取り組みの変化が見られたようだ。

このような試みの広がりによって、英語学習AIロボットの活用が一般的なものになることを期待したい。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧