「SNSは無理して一生懸命やるものでもない」 池田エライザさんのTwitter終了宣言に称賛の声

access_time create folderエンタメ

モデル、女優の池田エライザさんがTwitterをやめると宣言し話題になっている。

6月19日、池田さんは自身のTwitter上に長文のツイートを投稿。その中で

「今日でTwitterでの投稿は最後になります!」

「インスタだけに絞り、まったり自分のペースで投稿するのがなんとなく今の自分に合う気がするのです。

「SNSは無理して一生懸命やるものでもないし、気持ちにゆとりをもって冷静に活用すべきツールだと改めて感じています。」

とこの日をもってTwitterの投稿を終了することと現在の心境について述べた。

https://twitter.com/elaiza_ikd/status/1273890728037384192

池田さんと言えば独特の「エライザポーズ」の自撮りを投稿するなど、率先してTwitterを活用し人気を高めたタレントの代表格。そんな彼女がTwitterをやめてしまうという衝撃の事実に、世間では大きな反響が起こっている。

「エライザちゃんの140字めっちゃ好きでした。今までありがとうございました!」

「若いのにしっかりとしたお嬢さんで感心してました。。この気持ちマジレス…」

「すさまじき英断っ! これはビビる!!
ご本人の判断か、はたまた良きブレーンがいらっしゃるのかな?
ともかくお疲れ様でした。
Instagramに主軸を絞るのはおおいに賛成です。これからも頑張ってください♪」

「120万人以上のフォロワーを持っていながら、予告通りツイッターの更新を終了する池田エライザの軽やかさ。SNSが否が応でも重視される時代で、そこからの離脱は安易な数字に左右されないスタンスの表明でもあると思う。」

「変なリプライ多かったしエラちゃんもしんどかったよね、、、Twitterいないの悲しいけどインスタ見ます」

「「SNSは無理して一生懸命やるものでもない」
わしも賛成じゃ」

池田さんがそうだということではないが、このところSNSを巡っては依存や誹謗中傷が原因となったさまざまなトラブルが報告されている。SNSとは本来、自分の生活を豊かにするためのツール。それに振り回されないが為の今回の池田さんの行動は英断と言ってよいのではないだろうか。

※画像はTwitter(@elaiza_ikd)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧