【衝撃】PS5で遊ぶには10万円必要か / 本体+コントローラ+ゲームで約10万円「給付金で買える」「iPhoneより安い」

access_time create folder生活・趣味

playstation5-ps5-price2

 

プレイステーション5の発売が2020年末のクリスマスシーズンになるのではないかと推測されているが、気になるのはその価格だ。海外のオンラインゲームショップがフライングで公開してしまった価格は、PS5本体(ブルーレイ仕様)が79839円でコントローラが9123円だ。

 

・PS5は総額でいくらあれば遊べるのか

その数字を信じ切ることは避けたいが、価格が事実ならば、PS5本体は税込で88000円、コントローラは税込で10000円といったところか。ではPS5で遊ぼうと考えたとき、総額でいくらお金が必要なのか。PS5本体にはコントローラが1個ついてくると思われるが、2人プレイや予備が欲しい場合は追加で購入する必要がある。ゲームソフトも最低1本は買うだろう。

 

・少なくとも約10万円は必要か

プレイヤーのプレイスタイルや家族構成にもよるが、最低でもPS5本体とゲームソフト1本の購入は必要であり、約10万円は必要になるのではないかと推測されている。たとえば以下のような計算となる。

 

<それぞれの推定価格>
PS5本体 税込88000円(推定)
コントローラ 税込10000円(推定)
ゲームソフト 税込9000円(推定)

 

PS5本体+ゲーム = 約10万円
PS5本体+コントローラ+ゲーム = 約11万円

 

playstation5-ps5-price3
playstation5-ps5-price4

 

・ダウンロードゲーム専用のPS5本体が存在

しかしこの価格は、PS5本体がブルーレイ仕様の場合だ。PS5本体にはデジタルエディションというダウンロードゲーム専用のPS5本体が存在し、そちらはブルーレイドライブがないぶん価格が安くなるのではと言われている。推測だが、2万円ほど安い約60000円ほどで売られてるのではないだろうか。税込みで約66000円ということになる。

 

・現実味のある価格帯なのは確か

PS5本体(デジタルエディション)税込66000円とゲームソフト税込9000円ならば約75000円で買えるということになるが、いずれにしても公式の発表がないため、未確定の情報なので数字が大きく違っていてもおかしくない。しかし現実味のある価格帯なのは確かだ。

 

playstation5-ps5-price6

 

・価格が事実なら約10万円が必要になる

今回のPS5には高性能なブルーレイドライブが搭載されているため、高くともブルーレイ仕様の本体のほうが売れると考えられる、そうなれば店やネット通販で購入して遊ぶには約10万円が必要になるわけで、定額給付金10万円がPS5の購入費として消える人もいるのではないだろうか。

 

・最新のiPhoneが10万円を超えるのは当然

用途が違うので比べるのはナンセンスかもしれないが、同党の価格帯の家電といえばスマートフォンである。最新のiPhoneが10万円を超えるのは当然となり、13万円、15万円、そしてそれ以上の高額なスマホも存在する。「スマホは高くてもすぐ買うのにゲーム機は躊躇するの?」という意見もあるようだが、皆さんはどうお思いだろうか。

 


 

 

もっと詳しく読む: ○PS5で遊ぶには10万円必要か / 本体+コントローラ+ゲームで約10万円「給付金で買える」(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/06/14/ps5-playstation5-ikuradesuka-news/

 

 

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧