台湾のPCメーカーASUSが呼称を「エイスース」へ変更 10月1日から変更だけど準備はOK?

access_time create folderエンタメ

台湾(台北)のパソコン(PC)メーカー、ASUSをご存じだろうか。正式名称ASUSTeK Computer Inc.で、PCのマザーボードやノートPC、最近ではAndroidタブレット『Nexus 7』も製造するメーカー。ゲームメーカーにも部品を供給している老舗メーカーである。そんなASUSは昔から様々な呼称で呼ばれていた。そんな呼称例は次の通り。

・アサス
・エイサス
・アスース
・エイサース
・あざーす!

と皆バラバラな呼称で呼び続けていたのである。ASUSの日本での正式な呼び方は「アスース」だったのだが、今回その呼称が改められようとしている。今回の呼称変更は日本だけでなく世界統一へと向けられたもの。

新たな呼称は「エイスース」というもの。日本ではかなりの割合でアサスや、エイサスと呼んでいる人が多く、急に「エイスース」に変更できるのだろうか。表記は今まで通りのASUSのままである。

これと似たように呼称が変わったメーカーはほかにもある。オーディオメーカーのDENONはかつて「デンオン」と呼ばれていたが、「デノン」と呼称変更された。これは日本以外の国で「デノン」と呼ばれてしまうのが原因で呼称変更を行ったのだ。

しかしオーディオマニアの間では頑なに「デンオン」と呼び続けている愛好者もいるようである。

今回の「エイスース」の変更もどれくらいで浸透するのか見ものである。

ASUS公式Twitter

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧