豚骨濃度はカップ麺史上Maxレベル! ローソン限定“無鉄砲”の濃厚とんこつラーメン!

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。ローソン限定で発売されているカップ麺「ローソン名店シリーズ」。名店の味をカップ麺で手軽に楽しめる人気のシリーズだ。日清食品、明星、エースコックなど各社とコラボして作っている商品で、それぞれ特徴があって面白い。

今回は日清食品が出している「無鉄砲 濃厚とんこつラーメン」をご紹介したい。

“無鉄砲”は1998年創業の京都府木津川に本店を置く有名店。豚骨純度100%という豚骨と水のみで作った超濃厚な豚骨スープが自慢で、その中毒性たるやない。他県からもファンが多数訪れる人気店で、濃厚豚骨なら“無鉄砲”の名を挙げる人も数多い。

この無鉄砲濃厚とんこつラーメンを、ローソンが日清と共同開発でカップ麺化。これがとんでもない濃度の振りきった一杯だった!

まず蓋を開けるとすぐに豚骨の香りが漂う。そして、お湯を入れれば部屋中が豚骨に。

長めに5分待ったら別添の特製コク旨だれを投入。これで濃度がMaxに。

これぞ無鉄砲という茶濁したドロドロな豚骨スープは悶絶レベル。ここにカップ麺とは思えないモチモチ感の強い麺が戦いを挑む。まさにハードパンチャーな一杯で恐れ入った!

あまりの興奮に、そのままの勢いで無鉄砲・赤迫店主に開発秘話などをメールで聞いてみた。今回はその一部をご紹介しよう。

――このカップ麺は日清食品からの提案だったのですか?
「日清食品の担当者が京都本店に初めて来られた日は、まさかの台風の日でした。そんな日に来るとはなかなか“無鉄砲”な担当者だなと思いましたよ(笑)。何回も何回も改良を重ねていただき、試作品の数は100を超えました」

――まずスープの濃度に驚きました!
「スープは、“ド豚骨”な豚の旨味や濃さをとことん追求・研究していただき、豚の骨や肉片などの粒々感を上手く表現してもらうなど、難しい私の注文を何度も聞いていただき、仕上げました。濃度感はもちろんなのですが、この粒々感が他にはない最大の特徴だと思います」

――麺のモチモチ感も独特ですよね!
「麺はこれまでのカップ麺にはなかなかない、特製ノンフライ麺を採用しています。モチモチとした食感で、濃厚なスープによく絡む麺になっていると思います」

ここまで振りきった濃厚豚骨は気持ちがいい!

食べ終わった後は白飯を入れて「ムテメシ」を楽しむのもオススメだ。

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧