「背負えるPC」なZOTACのバックパック型PCがアップグレード版「VR GO 3.0」発表!

access_time create folderゲーム
「背負えるPC」なZOTACのバックパック型PCがアップグレード版「VR GO 3.0」発表!

超小型ゲーミングPC「MEK MINI」でお馴染みのZOTAC
小型なのにパワフルなゲーミングPCで定評のあるZOTACですが、VRに最適なバックパック型PC「VR GO」を発売しており、個人だけでなくアミューズメント施設などで採用されています。
大好評の「VR GO」のCPUとGPUが強化されたアップグレード版「VR GO 3.0」が発表となりました!

さらにパワフルで快適に

「VR GO 3.0」では現行モデルの「VR GO 2.0」からCPUがインテル Core i7-8700T processor(6コア 2.4GHz、最大4.0GHz)からインテル Core i7-9750H processor(6コア/12スレッド 2.6GHz、最大4.5GHz)に、GPUがNVIDIA GeForce️ GTX 1070(8GB GDDR5 256bit)からNVIDIA GeForce RTX 2070(8GB GDDR6 256bit)に変更されています。

インテル Core i7-9750H processor
インテル Core i7-9750H processor – PR TIMES

NVIDIA GeForce RTX 2070
NVIDIA GeForce RTX 2070 – PR TIMES

そのCPU、GPUの強化によって「VR GO 2.0」と比べ約150%もの性能の向上を実現しています!
最先端のVRを動かすにはそれ相応のPCスペックが必要になるので小型のバックパック型では限界がありましたが、「VR GO 3.0」では限界の壁を超えて新たなVR体験を与えてくれそうです!

背負うことができるということは快適さも大事になります。
「VR GO 3.0」に接続するバックパックユニットはPU加工されたポリエステルが採用されていて、高い防滴性能を実現しています。

バックパックユニット
バックパックユニット – PR TIMES

長時間使用した際も快適なのはちょっとしたことのようですがかなり嬉しい進化ですね。

好評の性能はそのままに

ホットスワップ対応バッテリー
ホットスワップ対応バッテリー – PR TIMES

バックパック型で背負って移動できるということは、PCを動かすためのバッテリーが必要になりますよね。
ですが、これだけパワフルなPCとなると消費電力もかなり使いますので長時間の使用は厳しいかと思いきや、「VR GO 3.0」はPCを起動したままバッテリーカートリッジを交換できるホットスワップに対応しています!

バッテリー残量インジケーター
バッテリー残量インジケーター – PR TIMES

本体に付いているLEDインジケーターにバッテリー残量が表示されているので交換のタイミングも一目瞭然!
充電しておいた予備のバッテリーカートリッジを用意しておけばバッテリーが切れる前に交換することができて、永遠にVR体験をすることが可能です!
もちろんACアダプタを接続しての電源供給もできますので、バッテリーが完全になくなりそうになっても安心です。

バックパック型でいくら小型と言っても高性能PCですのでそれなりの重さになります。
「VR GO 3.0」の場合、2個のバッテリーと背負うためのバックパックユニットを装着すると5.2kgとなりますので、そこそこな重さです。
それを解決するために、「VR GO 3.0」のバックパックは身体にかかる負荷が均一に分配されるように設計することで、感じる重さや身体への負担を軽減されるようになっています!

バックパックユニット
バックパックユニット – PR TIMES

腰回りにはサポーターが設置されているので、よりしっかりとした背負心地になります。
バックパックユニットにはポケットが豊富に付いているので、配線やコントローラーを収納したりできるのも嬉しいところですね。

バックパックユニット
バックパックユニット – PR TIMES

「VR GO 3.0」とバックパックユニットとの間には空間を設け、風が通るようになっているため、PC本体の熱は身体から離れたほうに排熱されます。
PCからの熱を背中にダイレクトに伝わらない上に、優れたエアフローによってPCの熱暴走も防ぐことができます。

バックパックユニット
バックパックユニット – PR TIMES

もちろん高い拡張性を備えていて、デフォルトでもハイスペックな「VR GO 3.0」を用途や目的に合わせてカスタムすることが簡単です。
メモリやストレージの交換も簡単ですし、USBポートも6つ搭載されているので外部機器も豊富に接続することができますね。

公式ショップで受注開始!

「VR GO 3.0」は2020年5月19日(火)よりZOTAC公式ダイレクトショップで受注販売が開始しました!
価格は298,000円(税別)で送料込みとなっています。
「VR GO 3.0」と「VR GO 2.0」で使用できるオプションのチャージドックとバッテリーパックは2020年5月末発売予定となっていますので、そちらは続報を待ちましょう。
「VR GO 3.0」はVR専用というわけではなく、バックパックユニットから外してモニターと繋げば通常のPCとしても使用できるので、VRだけでなく仕事や遊びなど通常用途でハイスペックなPCとしても活躍しそうですね。
「VR GO 3.0」とヘッドマウントディスプレイがあれば電源がない場所でも仕事ができるので、真のテレワーク用にも最適です!
詳細、購入のご相談は「VR GO 3.0」製品ページをご確認ください!

「VR GO 3.0」仕様
OS
Windows 10 Pro 64ビット
CPU‎
インテル Core i7-9750H processor
(6コア/12スレッド 2.6GHz、最大4.5GHz)
GPU
NVIDIA GeForce RTX 2070
(8GB GDDR6 256bit)
映像端子‎
Display Port1.4×1
HDMI2.0b×2
メモリ
16GB DDR4-2666 SODIMM(8GB×2)/ 最大32GB
ストレージ
240GB M.2 SSD(NVMe/SATA M.2スロット×1)
空き(2.5インチ SATA HDD/SSDスロット×1)
ネットワーク‎
802.11ac /n/g/b/Wi-Fi
Gigabit LAN
Bluetooth5
入力端子‎
USB3.0×6
マイク端子
ヘッドフォン端子
SDカードリーダー×1
本体寸法(幅×奥行き×高さ)
280.4 x 347.5 x 87.1(mm)
本体重量
4.8Kg
電源‎
電源接続時:230W ACアダプタ×1
バッテリー駆動時:6000mAh/86.4Whリチウムイオンバッテリー(ホットスワップ対応)×2
付属品‎
充電ドック
ACアダプター
電源ケーブル
ユーザーマニュアル
クイックスタートガイド
OSリカバリーDVD
OSリカバリーUSBメモリ
VR GO 3.0マウント用バックパック
6000mAh/86.4Whリチウムイオンバッテリー(ホットスワップ対応)×2
製品保証‎
1年間保証
© 2020 ZOTAC Direct


関連記事リンク(外部サイト)

JBLの最上位ゲーミングヘッドセット「JBL Quantum ONE」がついに発売開始!「JBL Quantum 800」も同時発売!
15周年でレッツパーリィ!特別パッケージの「戦国BASARA4 皇 ANNIVERSARY EDITION」発売決定!
あつ森が圧倒的人気!配信技研が4月に配信されたゲームタイトルの視聴時間ランキングを公開

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧