「日本思い出のハンバグ」 ロイヤルホスト八丁堀店についた食べログの口コミに感動の声多数

access_time create folder生活・趣味

新型コロナウイルス流行の影響で、業績が悪化した70店舗の閉店を発表したファミリーレストランチェーン、ロイヤルホスト

今、Twitterではこの大量閉店発表に際して漫画家の真船佳奈さんが投稿した、ある美談を紹介するツイートが話題になっている。

真船さんが紹介するのはグルメサイト「食べログ」のロイヤルホスト八丁堀店(東京都中央区)のページに投稿された台湾人男性の「日本思い出のハンバグ」という口コミ。

「ロイヤルホストが大量閉店らしいですが、
前の家の近所にあった ロイヤルホスト八丁堀店 の食べログの口コミが素晴らしくいい話なので、この人のためにずーっと残っていて欲しいなあと思う。」


https://twitter.com/mafune_kana/status/1260968336176803840

口コミを投稿した男性は初めて日本に来た際、東京駅から銀座のホテルに行こうとして間違って八丁堀まで来てしまったということ。言葉もわからず、所持している日本円もわずかで、夜も更けてしまい空腹……。大変な不安に襲われたが、ロイヤルホスト八丁堀店にたどりつき、そこのウェイトレスにようやく英語で道を聞くことができ、クレジットカードでハンバーグも食べられ涙が出るほど安心できたそうだ。それ以来、男性は来日の際には必ずロイヤルホスト八丁堀店を訪れているらしい。

真船さんのツイートに対しロイヤルホスト八丁堀店が入居するサードニクス東京の公式アカウントも反応するなど、Twitter上で大きな反響が起こっている。

「ロイヤルホスト八丁堀店が入っているホテルサードニクス東京です。
以前しばしばご利用いただいていたとのことで嬉しく思っております。この度はお褒めの言葉をありがとうございます。早速レストランスタッフにお伝えさせて頂きました。
今回、せっかくの機会ですので皆様へ感謝を込めて、このようなご時世ではありますが、2020年6月30日(火)までに当館にご宿泊のお客様で、本ツイッター画面をチェックインの際にフロントスタッフにお見せいただければロイヤルホスト八丁堀店の朝食を無料サービスさせていただきたく思います。
現在はブッフェ形式をお休みさせていただいておりワンプレート(和食または洋食)でのご提供となっておりますのでご了承下さい。
また、日常が戻った際にはブッフェも再開になると思いますので、その際には皆様にもお楽しみいただければ嬉しいです。スタッフ一同ご来店・来館をお待ちしております。」


https://twitter.com/sardonyx_tokyo/status/1261105973860548608

「泣いちゃうな、ハンバグ」

「同社HPより
「ロイヤルの創業者、故 江頭匡一が好きだった『ロイヤル』という言葉と、心からのおもてなしでくつろいでいただけるレストランでありたいという思いをこめた『ホスト』」。
ロイヤルは「世界にはばたく」という意味も含んだらしい。
文字通り世界にはばたく人へのホストだったんすね。」

「いい話。泣ける。ちゃんと手間暇かけた仕事してる老舗が世界中でどんどんクローズしてるのも寂しいな。みんなのいろんな思い出があるよね。」

「この状況下で心が温まりました。
話の趣旨とは異なりますが、旅先で出会った親切にしてくれた人、安心した料理は忘れられないですよね〜。早く人と人が交わる世の中になってほしいです〜」

「いつかわからないけど、東京出張の時には泊まってみたいです。
日本の誇り」

こんな殺伐としたご時世に、ほっとするような美談。いまだ多くの人が厳しい状況におかれているが、どんな時も人への優しさは忘れずにいたいものだ。情けは人のためならず。

※画像はTwitter(@mafune_kana)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧