床のDIYに使った意外なものとは!? それほどコストはかかってないと思います

access_time create folder生活・趣味

ジュエリー・デザイナーのケリー・グレアムさんが、2015年に3週間かけてDIYで仕上げた床の完成写真を、最近になって初めてFacebookで公開しました。

それがこちらです。何で出来ているかわかるでしょうか?

実は全て1セント(約1円)硬貨で出来ているんです。1セント硬貨のことは“ペニー”と呼ばれることからこの床も“ペニー・フロア”と呼ばれています。“ペニー・フロア”のサイズは、1.8×1.8メートル。

新しくてまだ光沢があるペニーや、古くて黒ずんでいるペニーなどを巧みに組み合わせてグラデーションをつけています。使用したペニーは合計7500枚(=7500セント=75ドル)になります。

アメリカの一般的な硬貨には1セント、5セント‎、10セント‎、25セント‎などがあります。銅色の1セント硬貨以外は銀色なのですが、銀色の硬貨で床をDIYするという手もあります。難点は、簡単にコストが5倍、10倍、25倍に跳ね上がってしまうということでしょうか。

※画像:Facebookより引用
https://www.facebook.com/pg/alternativebridaljewelry/photos/

※ソース:
http://www.successlifelounge.com/woman-creates-impressive-mosaic-tile-floor-with-7500-pennies/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧