タブレットでも「密」な写真は撮れる!? 人口流動分析上昇の川崎市モトスミ・ブレーメン商店街に行ってきた

access_time create folder政治・経済・社会

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐために緊急事態宣言が出されて以降、人との接触を8割減らすことが目標として示されたことにより、各地の商店街の人流が注目されています。また、一部メディアでは、「人々でごった返す街並み」の写真や映像を撮るため、現地にスタッフを派遣しており、その姿がTwitterで報告されるケースも見られます。

※参考記事 カメラ撮影のトリックでこんなにも現実が歪められます
https://getnews.jp/archives/2519841 [リンク]

とはいえ、現地取材はメディアの基本でもあります。ここでは、筆者が神奈川県川崎市のモトスミ・ブレーメン商店街の2020年5月6日お昼ごろの模様をお伝えすると共に、タブレットのカメラ機能でどこまで「密」な写真が撮影できるのか検証してみました。

東急東横線・目黒線の元住吉駅から西へと伸びるモトスミ・ブレーメン商店街は、約550mほどの長さで約180店舗が集中しています。神奈川県が実施している外出自粛要請後の人口流動分析では、2020年4月19日15時の人出が1月18日~2月14日の平均と比較して1%増となっていました。

これは、隣駅である武蔵小杉・日吉の商業施設が臨時休業となり、スーパー・100均ショップ・書店などがまだ営業している店舗の多いブレーメン商店街へと買い物客が集まるという側面もあります。

県によると、5月5日15時時点の比較は以下の通りでした。

前日との比較
-0.8%
事態宣言前(4月7日15時時点)との比較
7.1%
感染拡大以前(1月18日から2月14日の休日の平均データ)との比較
-7.6%

当日、筆者は正午前に元住吉駅前に到着。時折雨が降る天候ということもあり、体感値としては普段の人出の3割程度という印象でした。

撮影に用いたのは、『Huawei d-01K』。カメラは約800万画素で、最大約4.0倍のズーム(光学+デジタル)が撮影可能です。

横浜銀行元住吉支店前から約4.0倍にして撮影してみると、「ちょっとこれは“密”なのでは!?」という写真になります。実際、通常の休日だとかなりごった返すエリアで、「自粛効果が利いてない!」と感じてしまう人もいるかもしれません。

ですが、同じ場所からズームを使わずに撮影してみると……。このように、人々がそれなりに距離を取って歩いているように見えます。実際、家族連れなどが並んで歩いている程度で、人々が「密集」しているような状態とは言い難い状態でした。

ちなみに、『ブレーメンの音楽隊』を模したアーチは、約20mおきに立てられています。

このように、本格的なプロが使う一眼レフでなく、スマートフォンやタブレットでも「密」のような印象を与える写真の撮影は可能なので、各SNSやメディアの写真を見る時には、撮影者がどのような意図を持って撮っているのか、注意する必要があるのではないでしょうか。

ちなみに、ドイツ・ブレーメン市にある商店街ロイドパサージュから友好の証として贈られた『ブレーメンの音楽隊』の像には、お手製と思われるマスクが着用されていました。

データ参考:緊急事態宣言後の県内人口流動分析(神奈川県ホームページ)
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/bu4/covid19/jinkoubunseki.html [リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧