ディズニーも布マスクを発売 利益は医療用具を提供するNPO団体へ寄付

access_time create folderエンタメ

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、世界的に需要が供給をはるかに凌駕している品物の一つがマスクです。日本企業のシャープの例などもそうですが、以前はマスクの製造をしていなかった企業が次から次へとマスクの生産を始めていたりします。

今度はあのディズニーがマスク市場に参入しました。4月30日、ディズニーは同社が権利を保有するキャラクターがプリントされた布マスクを発表しました。

ミッキーマウスとミ二ーマウスを筆頭に、ベビーヨーダやR2-D2といったスター・ウォーズのキャラクター、ディズニープリンセス、ピクサーやマーベルのキャラクターが布マスクにプリントされています。

布マスク4枚が1セットとなっており、価格は19.99ドル(約2140円)。サイズはS、M、Lの3つ。

現在、以下の公式サイト「shopDisney」にて事前予約を受付中。発送予定は6月以降となっています。

Disney’s Cloth Face Masks
https://www.shopdisney.com/face-masks/[リンク]

アメリカ国内における布マスク販売の利益は、最大100万ドル(約1億700万円)が医療用具提供にフォーカスしたNPO団体「MedShare」に寄付される予定です。

※画像とソース:
https://twitter.com/WaltDisneyWorld/status/1255846115771023360
https://disneyparks.disney.go.com/blog/2020/04/disney-introduces-cloth-face-masks-and-donations-for-families-and-communities-in-need/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧