ルーター寿命の見極めが個人情報を守るための重要なポイント!

access_time create folder生活・趣味
ルーター寿命の見極めが個人情報を守るための重要なポイント!

ルーターを長く使い続けていると、ちょっとした不具合にも「寿命かな?」と不安になることがあります。ルーターの寿命を見極める方法と、ルーターの交換がなぜ必要なのかを詳しく解説します。買い替えの際の指針に、ぜひ参考にしてください。

ルーターに寿命ってあるの?

 

今使っているルーターは、いつ購入したものか覚えてますか? 実は、ルーター自体は、落下などの衝撃を与えない限り、壊れることはほぼありません。使い続けようと思えば、いつまでも使い続けることができてしまいます。強いて言えば、ACアダプターが電気の熱で劣化はしていきますが、故障するのは10年後くらいでしょう。

 

しかし、ルーターを使い続けることには、思わぬ落とし穴があります。使用できなくなる・壊れるといった寿命という概念ではなく、安心や安全のために覚えておきたいルーターの寿命について紹介します。

 

ルーターの寿命は2年~6年

 

ルーターの寿命には3つの側面があります。ルーター機能としての寿命・セキュリティの寿命・通信規格の寿命です。それぞれについて詳しく説明していきます。

 

ルーター機能の寿命

ルーター本体は壊れませんが、相対的な理由で機能の低下は否めません。家族が使用する機器が増えたとき、繋がりにくいとか速度が遅いとか感じたら、それはルーターの容量不足と考えられます。

またルーターにも負荷がかかり過ぎ、劣化の要因になってしまいます。

 

パソコンやスマホは進化しているのに、古いルーターを使い続けていると、接続環境が悪化し不満を感じることが多くなるでしょう。そうした場合は、ルーターの寿命と判断し、買い替えすることをおすすめします。

 

セキュリティーの寿命

ルーターの通信は、すべて暗号化して行われます。その暗号方式が変更されるのが2年から5年です。古いルーターは、当時の古い暗号方式のまま使われているという状態になります。

 

自分の家の電波が、けっこう遠くまで飛んでいることに気が付いたことはありませんか? その電波が古い暗号方式だった場合、ジャックされ解析ソフトで簡単に情報を盗まれてしまうことがあります。

クレジットカードの情報や、ネットバンキング・ネット銀行の情報だった場合、その被害は甚大なものになってしまいます。

現在使用中のルーターが、購入から既に5年以上経っているという場合は、早急な買い替えが必要です。

 

通信規格の寿命

通信システムの日々の進化により、膨大な情報量を一気に受け取ることが可能になりました。しかし古いルーターを使用したままでは、この恩恵を受けることができません。

受信する側の機器は増えていないけど、動画が途中で固まってしまったり、なかなか繋がらなかったりするときは、ルーターの規格が前世代または前々世代かもしれないと疑ってみてください。

 

ちなみに、11bという通信規格だった場合、最大通信速度は11Mbpsです。これが最新の11axだと、9.6Gbpsになります。1Kb(キロバイト)を1000bとした場合、1Mb(メガバイト)は100万b、1Gb(ギガバイト)は10億bですから、通信速度の圧倒的な違いが分かります。

 

プロバイダーとの契約時、最大容量の通信契約を結んだとしても、ルーターが古くては全く意味がありません。最新のスマホに買い換えたとしても、同様です。契約状況やスマホのスペックに相当するルーターに、切り替えることをおすすめします。

 

ルーターの寿命かなと思ったら確認すべき5つのこと

 

「ネットに繋がらないなぁ」とか、「突然接続が切れる」とか、ネット環境に不具合が生じたら、とりあずは以下の5つの方法を試してみてください。

 

1.ルーターの電源を抜き、数分後に電源をつないで再起動

2.ルーターのドライバーを一度アンインストールし、再度インストールからやりなおしてみる

3.ルーターのソフトを最新版にアップデートする

4.モデム(ONU)の不具合はないか、LANケーブルを直接パソコンに繋いで確認する

5.接続している子機を減らして様子をみる

 

1は簡単にできますし、これで回復することが多いのも事実です。2・3は、ルーターの取り扱い説明書や、メーカーの公式ホームページ・サポートセンターなどで確認してから行ってください。

4を実行した場合、問題なく繋がればモデムの故障ではありません。繋がらなかったときは、契約しているプロバイダーに連絡すると、交換・修理をしてもらえます。

5で解決したなら、ルーターの容量不足が考えられます。

 

おわりに

職場でも、学校でも、自宅でも、Wi-Fiルーターがあって、電波が飛んでいて当たり前の生活になりました。だからこその危険が身の回りにあることを、私たちは忘れてしまいがちです。速度が遅いことにイライラするという、昔ならあり得なかったストレスを感じることも珍しくありません。

 

ルーターを見直すことで、こうした不安や不満が解消できる可能性があります。ぜひ一度、お使いのルーターを確認してみてください。そして必要であれば、早めの交換をおすすめします。使えるルーターを交換するのは勿体ないと感じるかもしれませんが、寿命と割り切ることが大切だということを忘れないでください。

access_time create folder生活・趣味
local_offer
Pacoma

Pacoma

「Pacoma」はホームセンター系のフリーペーパーに出自を持つ、「暮らしの冒険」がテーマのライフスタイル系Webマガジン。ノウハウ記事からタレントの取材記事まで「暮らしを楽しむためのアイデア」をテーマに日々発信しています。

ウェブサイト: http://pacoma.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧