アサヒビールの1000人 Zoom飲み会はカオスだけど楽しかった! 次回は5月4日開催へ

access_time create folder生活・趣味

アサヒビールは4月25日、オンライン飲み会イベント「いいかも! オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」を開催。ビデオ会議ツール「Zoom」の参加者数上限である1000人規模の参加者が集まりました。

特設サイトから応募を受け付け、当選者には前日にメールで当選の通知と参加方法の案内が届きます。ちなみに、このメールにはイベントを楽しむうえで大切な情報が記載されていたのですが、筆者は見落としてしまい、後悔することになります……。

イベント当日の開始直前、Zoomのミーティングに参加するためのミーティングID、イベント参加用ネーム、パスワードが届きます。参加受付時刻が記載されているので、その時間帯にミーティングにログインして参加申請をするのですが、1000人近くの当選者が申請するので、申請が処理されるまで少し時間がかかります。

ミーティングに入室すると、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信さんと相田周二さん、アサヒビールイメージガールの高田里穂さんが既に入室済み。テストを進める中で続々と参加者が入室してきます。

続いて、ゲストとして乃木坂46・秋元真夏さんが入室。秋元さんの「ズッキュン」に参加者がリアクションしたり、メンバー同士でもオンライン飲みをしたことがあるというエピソードが披露された後、いよいよ参加者全員で乾杯をしようとするのですが……。

ここで参加者全員のマイクをONにすると、誰が何を言っているのか分からないカオス状態に。管理者がいったん一般参加者のマイクをオフにして、MC陣の乾杯の音頭の後に全員で「カンパーイ」と発声することで無事乾杯ができました。乾杯が待ちきれず、筆者は既に飲み始めていたことは内緒です。

見ず知らずの1000人近い参加者が、一斉にカメラの前で乾杯する様子はなかなか圧巻。お互い会話をするわけではありませんが、乾杯の儀式を共有することで一気に親近感がわいてきます。筆者も含め、みんなSTAY HOMEしてるんだよなあ……と実感。

参加者の中には、アサヒビールが事前に配布したアサヒスーパードライオリジナルのバーチャル背景を設定している人も。背景を設定する手順は、オンライン飲み会の間にも画面を共有しながら説明されていました。

このバーチャル背景の機能を利用した全員参加企画がスタート。出題される問題にA~Dの4種類の壁紙を設定して回答するというクイズや三四郎への無茶ぶり企画だったのですが……。

事前にメールに記載されていたのは、回答に使うバーチャル背景をダウンロードしてね、という案内だったのです! 筆者はアサヒスーパードライオリジナル背景をダウンロードして満足していたため、案内をよく読まずに参加してしまいました。回答できなかったのが残念……。

続いて、チャットで全員参加できる大喜利大会を実施。お題の「こんなオンライン飲み会は嫌だ」は、開始直前の案内メールで出題されていました。小宮さん宛てにチャットで回答を送ると、小宮さんがピックアップした回答を紹介していきます。

この他、5月10日に開催されるNovelbrightのシークレットオンラインライブの参加者募集告知、CMでおなじみ「アサヒスゥパァドラァイ」のボイスと一緒に動画が撮れる「アサヒスゥパァドラァイARチャレンジ」の紹介があって、1時間強のオンライン飲み会は終了。


https://twitter.com/asahibeer_jp/status/1254024047744053253

三四郎のお2人のゆるーい進行がリラックスした空気を生み、わちゃわちゃしつつも楽しい飲み会になった「いいかも! オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」。次回は5月4日(月)に開催が決定しており、4月29日に募集を開始するそうなので、気になる人はアサヒビールのTwitterや特設サイトをチェックしてみては。


https://twitter.com/asahibeer_jp/status/1253992276340076544

いいかも! オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR 特設サイト
https://www.asahibeer.co.jp/superdry/virtualbar/

access_time create folder生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧