KFC新商品「ピリ辛担々ツイスター」をチャーハンにしてみたら

access_time create folderグルメ

気になったら米と炒める!」ガジェット通信の「なんでもチャーハン」企画、今回はケンタッキーフライドチキンから数量限定発売中の『ピリ辛担々ツイスター』をチャーハンにしてみようと思います!

こんなに中華味だからチャーハンにぴったりでしょ?

『ピリ辛担々ツイスター』は4月22日から新発売の数量限定商品です。どのくらい“ピリ辛”で“担々”なのか、まずは味見をしてみます。

トルティーヤでくるまれているのは千切りキャベツとカーネルクリスピー。そこに特製マヨソースと担々風のピリ辛ごまソース、そしてコチュジャンで味付けされた大麦と発芽玄米のライスフィリングで味付けされています。

かじりつくとまず感じるのが強い煎りゴマの風味! そこに花椒・ラー油の香ばしい辛さに加えてコチュジャンのハッキリとした旨味と辛さが重なります。美味い! 香ばしい! 辛い! けどやっぱり美味い。この味付けをまとったカーネルクリスピーとキャベツは見事でしょう。

中華の美味しさバッチリなので、チャーハンにしたらかなりイイのではないでしょうか。

いざ調理

まずはツイスターを刻んでいきます。

先にカーネルクリスピーとそれ以外の具材に分けてから、1㎝程度のさいの目をイメージしつつカットします。

あとはいつものように卵、ライス、塩コショウでプレーンなチャーハンを作成。

刻まれたツイスターを入れて軽く炒めたら完成です!

試食してみた

出来上がったピリ辛担々ツイスターチャーハン(長い!)を試食してみましょう。

チャーハンにしてみたら……さっきよりもずっとマイルドになってます。そのまま食べるとそこそこパンチの効いた辛さ、そして特製マヨソースやごまソースの味の濃さが印象的でしたが、チャーハンの方はライスがある分なのか火が通ったからなのか、ゴマの香りとマヨに包まれた旨味は残しつつ、辛味が薄れてマイルドになっています。

性格は大きく変わってしまった感じがあるけど、チャーハンとしてもちゃんと成立してますね。おそらくこれは元の旨味がしっかりしているからこそ。ちなみにライスの中のトルティーヤ食感はまるで違和感ありません。むろんライスフィリングは完全になじみきっていました。ゴロゴロとしたカーネルクリスピーが具材としても優秀です。

中華テイストのツイスターだからこそ、今回のチャーハンはすんなりとハマったな、という印象でした。

2001年に発売開始されたツイスターは、今なおKFCの人気のメニューだそうです。チャーハン化してボリュームアップしたツイスターも楽しんでみてください。

「なんでもチャーハン」記事一覧

access_time create folderグルメ

オサダコウジ

慢性的に予備校生の出で立ち。 写真撮影、被写体(スチル・動画)、取材などできる限りなんでも体張る系。 アビリティ「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」 「寒い場所で耐える」「怖い場所で驚かされる」 好きなもの: 料理、昔ゲームの音、手作りアニメ、昭和、木の実、卵

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧