世が世であれば有ったかも!? 昭和ローカルCM風の「テレワーク」CM動画が話題に

access_time create folder動画

映像の質感はもちろんナレーションから俳優の風情、サウンドまで昭和のローカルCM感満載の「テレワーク」のCM動画が話題になっている。

件の動画を制作したのは1980年代後半から90年代前半のカルチャーに精通する映像クリエイターのにしいさん(@Nishii_dec9)。

「お待たせしました。
お待たせしすぎたかもしれません。
新型コロナウイルスのリスクを減らし、自宅で安全に働くことができる、テレワークのCMを作りました。 https://t.co/HIxFsIj5UU」

https://twitter.com/Nishii_dec9/status/1249311058373701634?s=19

新型コロナウイルスの感染拡大をうけ急速に広まったテレワークという言葉だが、たしかに語感がちょっとダサめで昭和っぽい。そのあたりの絶妙なツボをついたにしいさんのセンスに、TwitterなどSNS上では大きな反響が起こっている。

https://twitter.com/HyadainMaeyamad/status/1249688984357224448?s=19

「最初の止め絵2連続で感じるローカルCM感」

「♩もしもしおうちで仕事中〜のCMソング、『自宅で』をしっかり立てるナレーション。ちょっととんでもない作品ですねこれ。時代で言うと『でんわばん』あたりでしょうか。。」

「ありがとうございます!
理想の昭和〜平成初期の、まだなんかパソコンに魔法的な期待があった時代のCMです!!
ロゴのフォントが完璧!」

「『コレハワタシノショクバ!』
いまや事務のおばちゃんからも聞くことのない独特のうわずった声がなんともいえません(笑)最高です。」

「この昭和感とブラックジョークに脱帽」

なんとも言えない昭和当時の雰囲気にノスタルジーを感じる人、逆に新鮮味を感じる人など反応はさまざまだった。

なお、にしいさんは今回の動画に用いたサウンドロゴのデータを無料配布中。

https://twitter.com/Nishii_dec9/status/1249312137350021121?s=19

我こそという方は是非これを使って、テレワークのさらなる普及に貢献するような発信をしていただきたい。

※画像はTwitter(@Nishii_dec9)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder動画
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧