公演中止の舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』スピンオフ企画「こんてにゅうや」始動! 西野亮廣ら出演キャストへ“挑戦状”生配信も

access_time create folderエンタメ

ビートたけしさん監修の伝説のゲームソフト『たけしの挑戦状』を原作とし、 劇団「ヨーロッパ企画」代表 上田 誠さんの脚本・演出で初舞台化することで東京公演のチケットが完売するなど、注目が集まっていた舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』ですが、新型コロナウイルスの影響下の中、「エンターテインメントは誰も傷つけてはならない」という考えのもと、苦渋の中止を判断。

公演中止の発表時からの温かい声援に応える形で、舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』公式ホームページ上に、スピンオフ企画「こんてにゅうや」を立ち上げ、本来公演初日だった本日4月9日(木)より随時、“スペシャルコンテンツ”を発表することが決定。

そして東京公演千秋楽にあたる4月19日(日)には、YouTubeライブにて、主演のキングコング・西野亮廣さんを中心に、キャストがそれぞれの場所から配信でつなぎ参加する、前代未聞のYouTubeライブを行うことが決定しました。

「いつかお客様の前で上演したい!」という“クソゲー”の舞台化にかけたキャスト・スタッフの熱い想いを、皆様にお届けします!

【こんてにゅうや】概要
東京公演初日にあたる4月9日(木)より、舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』の公式ホームページにて、脚本・演出の上田 誠による舞台プロットや、キャストによるゲームプレイ動画、稽古中の裏話ラジオトークなどの蔵出しコンテンツを随時更新。
そして東京公演最終日にあたる4月19日(日)には、上田 誠の構成によるスペシャル配信番組「まことの挑戦状」を、主演の西野亮廣の家から配信。次々に繰り出される上田 誠からの指令に、舞台のキャストも最新の通信手段を駆使して参加する予定。
■配信番組名 舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』スピンオフ企画 「まことの挑戦状」
■構成 上田 誠(ヨーロッパ企画)
■出演 西野亮廣 ほか
■配信日時 2020年4月19日(日) 21:00~予定 (閲覧無料)
■配信プラットフォーム YouTube 舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCTOoSv9MEFfaaEPTGnNdSZA[YouTube]

舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』
公式ホームページ: https://event.1242.com/special/takeshi_stage/
公式Twitter: @Takeshi_Beyond

上田 誠(ヨーロッパ企画)よりメッセージ

『たけしの挑戦状 ビヨンド』を楽しみにしていてくださったお客様、新型コロナウイルスがどうもすいません。挑戦は一旦やめにします。そして、風向きがきたら必ずや、同じキャスト・同じスタッフで再挑戦したい、と願っています。そのために、「たけしの挑戦状」にならって、「こんてにゅうや」というコンテンツ集を設置することにしました。

そもそも「こんてにゅうや」の説明から入らねばですが。昔のゲームには「パスワード」というものがありまして、まだセーブデータがままならなかった時代、プレイヤーはゲームの途中で「パスワード」というひらがなの羅列を書記したものでした。「こまよこもよたそ…」とかこんなのです。これをゲーム再開時に入力すると、また途中から始められます。そして「たけしの挑戦状」において、タイトル画面のすぐ隣にある、この「こまよこもよたそ…」を入力するお店が「こんてにゅうや」なんです。

我々も稽古場でゲームをプレイし、そしてさんざんパスワードをとりました。ゲームオーバーになったときや、一日たってまたゲームを始めるとき。西野さんをはじめ、多くの役者がこんてにゅうやで、この「こまよこもよたそ…」を入力しました。攻略がむずかしいハンググライダーの手前のパスワードなんて、西野さんが指で覚えたほ
どです。

そして稽古が止まってしまったいま、僕たちは稽古場のパスワードをとるべきだ、と考えました。稽古場のレポートや、途中まで作ったもの、思い出話、お見せしそびれていたお楽しみコンテンツ、などを、随時公開してゆこうと思います。不完全なコンテンツが多くはなってしまいますが、皆様のお目に少しでも触れることが、げーむをさいかいすることへの導きになる、と、勝手ながら思っています。こんてにゅうやは皆さんです。

最終日には、畏れ多くも「まことの挑戦状」と題して、西野座長とキャストのみなさんに、生配信でぼくから挑戦状を出します。セリフは覚えているか。ゲームの腕はなまってないか。あのメロディがいまも耳に鳴っているか。
東京公演の千秋楽が終わるはずだった夜に、配信スタートです。どうぞよろしくおねがいします。

劇場でお届けするはずだった公演グッズも、せっかくなので、いや本音をいうと勿体ないしお力添えいただきたいので、販売します。みていない公演の公演グッズを買うというのも一興だな、と思ってくださる方は、ぜひ心のパスワードにどうぞ。

【予習:上演されていたらこんな舞台でした】
サラリーマン・アズマのもとに現れたのは、「たけしの挑戦状」。
1986年に発売されたゲームソフトだ。
発売当時、スキャンダルに揉まれ、クレームの嵐を巻き起こしながら、80万本以上を売り上げたといわれる世紀のクソゲー。
小学生だったアズマも、つかまされたクチだった。
その「たけしの挑戦状」が、34年ぶりにアズマのもとへ現れた。
もちろん現在のアズマは、ゲームなぞに興じる年齢ではなく。
英気に満ちた職場と、妻と娘に恵まれた、申し分ない人生。
のはずだった。戯れに、コントローラーを握ってみるまでは…。
しゃちょうをなぐり、つまとりこんし、たからのちずをてにいれろ!
34年の時をこえ、画面の中で「あのひと」が嗤う。
「こんなげーむに、まじになっちゃって、どうするの…?」

関連記事:
伝説のクソゲー初舞台化『たけしの挑戦状 ビヨンド』早くも東京公演チケット完売で追加公演決定!
https://getnews.jp/archives/2399109

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧