『範馬刃牙』連載終了の板垣恵介先生が“モハメド・アリ愛”を語る!

access_time create folderエンタメ

『アメトーーク』で“バキ芸人”企画が実現するほど熱狂的読者を抱えながら、先日惜しまれつつ『範馬刃牙』の連載を終了したばかりの板垣恵介先生。次回作を準備中の板垣先生が、都内で行われるドキュメンタリー映画のトークイベントに出演されるというので、ボルテージ最高潮で潜入してきました。

『範馬刃牙』連載終了の板垣恵介先生が“モハメド・アリ愛”を語る!

渋谷アップリンクで上映中のその作品は『フェイシング・アリ』。“最も偉大なボクサー”と称される、元世界ヘビー級王者のモハメド・アリのの対戦者の証言による、伝記映画です。

板垣先生自身、マンガ家になる前の陸上自衛隊時代、ボクシングで国体出場経験があるとのこと。板垣先生のボクシング愛、とりわけアリ愛は、やっぱりハンパありません! 「困難に直面した時、“アリならどうするか”を考えた」というのですから、あこがれを超えた人生の師、ですね。

「アリ×猪木戦は、そりゃ大変な出来事でしたよ。世紀の凡戦なんて言われてますが、何が起こるかわからない緊張感があった」
「全盛期のアリと全盛期のタイソンが試合をしたら? そりゃ親の葬式すっぽかしてでも駆けつけますよ!」
「(『スラムダンク』の)井上雄彦と、史上最高のスポーツ選手はアリかジョーダンか、話したことがある。何もわかっちゃいない、比べものにならない」

アリ礼賛がヒートアップするなか、ふと『範馬刃牙』に登場するモハメド・アライJr.のことが頭に浮かびました。当然、あのキャラクターは板垣先生なりのアリへのオマージュなのでしょう。
そのことを質問しようと思ったところ、会場の女性ファンから「烈海王のボクシング編の続きは描かないんですか?」というマニアックな質問が!

「まあ、いずれは描かなくちゃね」と、アリばりの華麗なフットワークでかわした板垣先生。三度の王座返り咲きを果たしたアリ同様、三度目のバキ復活、気長にお待ちしてます!

映画『フェイシング・アリ』
http://www.uplink.co.jp/facingali/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「青木ポンチ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧