在宅勤務でわかったこと 夫も妻も“仕事中の顔”という別の顔があるってこと

access_time create folderエンタメ

新型コロナウイルスの影響を受けて、日本でも在宅勤務している人がかなり増えたことと思います。夫婦そろって自宅で仕事をしている共働きのご家庭も多いのではないでしょうか。

在宅勤務になったことで、普段はうかがい知れないパートナーの“仕事中の顔”という新しい一面を見てしまった人はいませんか? 初めて見るパートナーの“仕事中の顔”に関するアメリカ人女性編集者のツイートが話題です。

https://twitter.com/inLaurasWords/status/1240687424377720835
話題となっているのが、「隔離生活で面白いことって、仕事モードに入っているパートナーを初めて見れるってこと。私はね、“後ほど連絡します”男と結婚してたのよ。私だって知らなかったわよ」というツイート。

https://twitter.com/SLLancaster/status/1240709337183481856
すると同じようなエピソードを投稿する人が次々に現れます。「妻がフルタイムで在宅勤務してるんだけど、オンライン会議の最後に必ず“もう1つ質問いい?”という人だったので、ショックを受けた」

https://twitter.com/MDinCLT/status/1240708393720893440
「私の夫は“仕事用の声”があるわ。太い大きな声で話している時は仕事の電話だってすぐわかるのよ」

https://twitter.com/RemoteClancy/status/1240733267004981249
「妻が部下と会議しているのを聞くと、人事管理のテクニックを私にも使っているんだなということに気づかされました」

その他にも、「妻は“いつものとおり”を連発する女性だった」、「軍人だった元夫が自宅で上官と電話会議した後、(軍人同士の話を聞かれたので)“これで君を殺害しないといけなくなった”と一言」、「自宅での電話会議をスピーカーフォンでしちゃうウチの旦那」といった声もありました。

皆さんのパートナーはどういった“仕事中の顔”を持っているのでしょうか。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/inLaurasWords/status/1240687424377720835

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧