新型コロナウイルスの影響からコンテンツ審査の自動化をYouTubeが発表 結果として審査に通らない動画が増えると事前告知

access_time create folderデジタル・IT

2020年3月16日、YouTubeは新型コロナウイルスの影響から在宅勤務に切り替わり、通常通りの業務が難しくなったことからコンテンツ審査の自動化を発表しました。

Protecting our extended workforce and the community
https://youtube-creators.googleblog.com/2020/03/protecting-our-extended-workforce-and.html[リンク]

https://twitter.com/TeamYouTube/status/1239608882462371840

これによりコミュニティー・ガイドラインに違反していない動画コンテンツであっても、削除される可能性があることを予め告知しています。

YouTubeのコンテンツ審査は通常システムと担当者がセットで行っていますが、担当者の人力が必要となるプロセスを省きシステムに一本化することで、スピーディーなコンテンツ審査を維持していくとしています。

YouTuberたちからは、「検閲が厳しくなるってこと?」「YouTuberのことはこれっぽっちも気にかけてないんだろうな」「在宅勤務だと審査業務できないものなの?自宅に居ながら動画みてチェックするだけでしょ」「表現の自由はどこいった」「YouTubeには毎回がっかりさせられるよ」といった声が寄せられていました。

※画像:Twitterより
https://twitter.com/TeamYouTube/status/1239608881359306752 [リンク]

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧