”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

access_time create folderゲーム
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

『ファラオリバース』
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

©2018 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会

『この素晴らしい世界に祝福を! 復活のベルディア』。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

『真・女神転生 SYNCHRONICITY PROLOGUE』。

これまで、オリジナルから著名な作品とのコラボも含めた様々な探索型アクションゲームを制作してきた個人ゲーム開発者のkrobon氏及び、氏が率いる開発チーム「team ladybug」。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

その新作として2018年8月20日にアーリーアクセス版としてお披露目され、2019年2月26日に製品版がリリースされたのが『Touhou Luna Nights』だ。本作は個人サークル「上海アリス幻樂団」制作の弾幕シューティングゲーム作品群たる「東方Project」を題材とした二次創作作品。企画兼開発協力として株式会社バカー、販売をPLAYISMが担当している。
購入はPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」で行える。

また今後、追加要素を実装したNintendo Switch版のリリースが予定されている。

かすり+時間操作で戦う探索型アクション

”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

本作の主人公を務めるのは「東方紅魔郷」、「東方文花帖」などのシリーズ作品に登場するメイドの「十六夜咲夜(いざよい さくや)」。ある日、彼女は紅魔館の主である吸血鬼「レミリア・スカーレット」により、幻想郷とは似て非なる異世界へと送られてしまう。さらに自らが持つ特殊能力である「時を操る程度の能力」も封じられてしまう。見知らぬ場所へ不意に送り込まれた咲夜は、襲い来る妖怪を倒しながら前へと進む。果たして、レミリアの目的とは。このような物語と共に本編は始まる。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

内容としては探索型の横スクロールアクションゲーム。迷路のように入り組んだ広大なマップを探索し、時に行く手を阻む妖怪を手投げナイフで撃退しながらストーリーを進めていくというものだ。

システム周りは、ladybugの前作に当たる『真・女神転生 SYNCHRONICITY PROLOGUE』を踏襲。いわゆる『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』以降のシリーズに象徴されるアクションRPGスタイルのゲームデザインで、経験値取得によるレベルアップ、敵が落とす宝石を換金してのアイテム購入、「MPゲージ」を消費する形での特殊アクションを特色としている。

また、東方Projectの二次創作作品として、同シリーズの象徴的な要素「グレイズ」を採用。いわゆる”かすり”。敵弾に近いギリギリの距離で避けることにより、ボーナススコアを得られるハイリスク&ハイリターンのテクニックだ。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

本作はこれを探索型アクションゲームへと翻案。敵弾のほか、敵本体に接触ギリギリの所まで近づくことで、体力(HP)、MP、TIME(後述)の回復が行えるという、非常にリスキーなシステムになっている。厳密にはグレイズには「青」と「赤」の2種類がある。青は”普通に”敵弾、敵に接近した際に得られるグレイズとなっている。

対し、赤は「時間静止」の能力を使った際に得られる。これも本作のシステム面の特徴のひとつ。主人公の咲夜にちなんで、時間を操る特殊能力が使えるのだ。そのひとつが「時間静止」。文字通り、咲夜以外の全ての動きを止める。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

この状態で敵弾、敵に接近すると赤グレイズが得られるのだ。だが、赤は回復量が青よりも少ない。さらにHPの回復がない。MPとTIMEしか回復できないのだ。このため、効果的に回復したいなら青狙いが推奨される。一応、消費型のアイテムを買って使う手段も用意されているが、本作はこのシステムを採用している関係でか、値段が高めで買い貯めが難しい。究極的にはグレイズを狙った方が安くつくのだ。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

かなり厳しそうな感じだがご安心を。それを少しだけやりやすくする2つ目の能力として「スネイル」がある。3秒間、時間の流れを遅くする特殊技だ。使うに当たってボタンを長押しする必要があるため、連発はできないが、普通に近づくよりかは安定してできるようになる。こう言った危険を冒すことに抵抗を抱くプレイヤーにも配慮した措置も用意されていて、シビアな設定とは裏腹に間口の広いシステムになっている。なお、念のため。敵弾や敵に接触しても一発でやられはしない。探索型アクションゲームらしく、ダメージ制なので、心配ご無用だ。ダメージ制じゃなかったらドエライコッチャだ。
”狂い咲く”熾烈な戦闘が魅力の探索型アクションにして、東方Project二次創作作品『Touhou Luna Nights』

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧