ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

落雷事故で死亡する確率と宝くじで4億円当たる確率 どっちが高い?

落雷事故で死亡する確率と宝くじで4億円当たる確率 どっちが高い?

大気が不安定な状態が続く日本列島の各地で、落雷事故が相次いでいる。18日には、大阪でコンサートの開場を待っていた女性2人が死亡し8名が軽傷、槍ヶ岳では1名が死亡、大津市ではランニング中に落雷を受けた中学生が意識不明の重体となっている。大阪の落雷は甲子園球場が直撃を受け、凄まじい落雷映像が中継されたため、日本中に衝撃を与えた。

近年、ゲリラ豪雨が増えるとともに落雷件数も上昇傾向にあるが、では、落雷人身事故は年間どのくらい発生しているのだろうか。警察庁が毎年発表している『警察白書』を元に調べてみた。

2000年から2009年までの10年間で、国内の落雷事故による死傷者数は148人。うち死亡(行方不明)者数は30人。年平均すると死者はわずか3人にしかならないことがわかった。ちなみに、同じ期間の航空機事故の死者が年平均11.1人、交通事故の死者は5000人前後で推移していることを考えれば、落雷事故は実はそれほど怖がらなくてもいいと言えそうだ。当たる確率で言うならば、今年のサマージャンボ宝くじ1等4億円の当選確率(1千万分の1)のほうがずっと高い。

少し違うのは、宝くじに当たるかどうかは運任せだが、落雷の被害に遭わないための方法は確立されているということだ。では、落雷事故を防ぐにはどうすればいいのだろうか。

もっとも確実なのは、ゴロゴロと雷鳴が聞こえたらすぐに建物や車の中に避難すること。ゴルフ場、キャンプ場などの比較的開けた場所で雷に遭遇してしまった時は、高い木の下に避難する。この時、木の幹に近づきすぎてはいけない。木を直撃した雷が幹から周囲に放電する“側撃雷”に巻き込まれる恐れがあるためだ。

周囲に建物も高い木もない絶望的な状況に陥ってしまっても諦めてはいけない。傘はささず、身を屈めて姿勢を低くすることで、わずかながら生存確率を高めることができる。なお、以前よく言われていた「腕時計やネックレス、ベルトのバックルなどの金属製品を外す」という対処法は、今日ではほとんど効果がないことがわかっている。

「神鳴り」を語源とし、腹に響く轟音と目もくらむ稲光を伴う雷は、古くから人智の及ばない自然災害の中でも特に怖れられてきた。とかく日本人は自然災害を「神の怒り」「天罰」などと甘んじて受け止めてしまう傾向があるが、21世紀になった今でも「神の怒り」で済ませてしまうのはあまりにも進歩がなさすぎる。現代人なら、正しい知識を仕入れ、“正しく怖がる”姿勢を身に付けたい。落雷は防げないが、落雷事故は防げるのだ。

画像:flicker from Yahoo! より
http://www.flickr.com/photos/rydland4/5098391343/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy