最高のコーヒーを自宅で堪能! 家庭用本格コーヒーグラインダー「CoresコーングラインダーC330」が登場 使ってみた

access_time create folderデジタル・IT

「自宅でどうしても本格派コーヒーが飲みたいんだぁぁぁっ!」

そんなひとにおすすめ。最高の1杯を自宅で堪能できるコーヒー本気派にうれしいアイテム「コーヒーグラインダー」。

スペシャルティコーヒーに向けたプロダクトブランド「Cores(コレス)」より、自宅でコーヒー豆を挽くグラインダー「コーングラインダーC330」が2020年2月21日(金)より登場。

新製品をさっそく使ってみました。

家庭用本格コーヒーグラインダー「CoresコーングラインダーC330」を使ってみた

梱包を開けてみると、主に、ホッパー、グラインドユニット、コンテナ、本体部分の4つに分かれていました。装置を順番に取り付けていきます。

ホッパー上蓋部分には計量スプーンの収納箇所があるようです。

豆を上部にパラパラ入れ……。

スイッチオン。

ペーパードリップで淹れるため、今回は粒度メモリは4に設定してみます。

挽き時間の秒数は10秒~50秒で設定可能。

嗅いでみると、コーヒーの香りがほほわーん。

ハンドドリップでコーヒーを淹れてみると、フッカフカに膨らみました! ひいた豆たちが踊っているよ! 新鮮そうです! 

飲んでみると、「あっ! これはスペシャルティコーヒー店のお店で飲めるやつ!」そしてゆっくり飲んでも華やかな香りがいつまでも残っています。

「とはいえ、豆が良かったのでは……?」と疑った筆者は、自宅で同じ豆で通常のミルでひいて飲み比べてみましたが、飲んでみて全然違いました。残念ながら普通のコーヒーが完成し、スペシャルティコーヒーには及ばずでした。

コーヒー本気派の方は、一度試してみる価値ありの逸品です。「コーングラインダーC330」は2020年2月21日(金)より発売。

Coresブランドサイト
https://cores.coffee/product/c330/

製品詳細情報

商品名:コーングラインダー
型番:C330
価格:20,000円+税
電力:100V 50/60Hz
消費電力:150W
サイズ:W16.5×22.0×H33.0cm
重量:2.5kg
コードの長さ:1.0m
材質:ポリプロピレン、ステンレス、シリコン
付属品:ブラシ、スプーン
回転数:420rpm
定格時間:90秒(連続運転)
最大容量:ホッパー240g / コンテナ130g
生産国:中国
JANコード:4560132473463

access_time create folderデジタル・IT

erini (エリーニ)

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧