【実機レビュー】シャープ「AQUOS zero2」は軽い、だけじゃない!

access_time create folderデジタル・IT

今年1月末に発売された、シャープのAndroidスマートフォン「AQUOS zero2」。6.4インチの大画面ながら、重量はわずか141g。ハイエンドモデルとしては驚異的なレベルの軽さを実現している。

ただし、数字からはその軽さがピンとこないのも事実。筆者は160g前後のスマートフォンを使っているが、それでも十分軽いと思ってしまう。そこで、今回は実際に端末を触って「未知数の軽さ」を確かめることにした。

持っていることを忘れそうな軽さ

ファーストインプレッションは、「光沢感があって高そう」というものだった。

2種類あるカラーリングのうち、今回レビューしたのはアストロブラック。角度によって光の反射の具合が異なり、表情を変えるバックパネル。シンプルながら確かな存在感のある「AQUOS」ロゴには、Androidスマートフォンに確かな実績を持つシャープのプライドを垣間見た気がした。

実機を持ち上げてみると、驚くほどの軽さだ。持っているのは6.4インチの大画面スマートフォンのはずなのに、それ相応の重さが感じられないため、脳が混乱するような感覚をおぼえる。片手持ちのときに小指でスマートフォンを支える形になっても、指への負担はほとんど感じられない。

持ちやすさに貢献しているのは、軽さだけではない。デザインこそソリッドな印象を与えるが、本体は丸みを帯びた形状で、すっと手のひらになじむ。

また、中央から端に向かってゆるやかにカーブするエッジディスプレイを採用し、大画面モデルの課題となりがちな持ちづらさが解消されている。

ディスプレイは黒色の発色が美しい有機EL製。大きめのサイズとあわせて、ただ眺めていても引き込まれるような鮮やかさが印象的だった。
1 2 3次のページ
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧