【贅沢グルメ】この季節これしか食べない人もいる「おそばの甲賀」の牡蠣そば / 牡蠣ってこんなにウマかったんだ!

access_time create folderグルメ
kaki-soba8

牡蠣そば 2100円
牡蠣の追加 400円

蕎麦の名店として西麻布で愛されてきた「おそばの甲賀」(東京都港区西麻布2-14-5)だが、冬の季節、牡蠣そばを食べるためだけに見せに通う客が増えるようだ。事実、SNSやブログには牡蠣そばの写真を掲載する人たちが多くなる。

・立ち昇る湯気はダシの薫り
牡蠣そばは、新鮮で肉厚な牡蠣に下ごしらえをし、丁寧に加熱して香ばしく仕上げ、ダシがきいた汁と蕎麦の上に盛り付けたもの。立ち昇る湯気はダシの薫りとともに、こんがりと香ばしい牡蠣の魅力も運ぶ。

kaki-soba5
kaki-soba4
kaki-soba6
kaki-soba7
kaki-soba3
kaki-soba1
kaki-soba
kaki-soba2

・ずっしりと重みを感じるほど肉厚
褐色で透明度が高いダシの海に浮かぶ牡蠣。さっそく箸で牡蠣をサルベージすれば、ずっしりと重みを感じるほど肉厚であることがわかる。しっかり加熱されていながら、プリップリの食感は生かされたままで、含まれている旨味エキスの埋蔵量は満タン状態。

・止められない止まらない
牡蠣から溢れる旨味のゴールドラッシュ。それを一度でも体験してしまうと、止められない止まらない。蕎麦が魅力の「おそばの甲賀」であることは重々承知だが、牡蠣を次から次へと食べ続け、蕎麦は後回しに。通常は牡蠣そば1杯に牡蠣3つがデフォルトで、今回は2個追加して5個にしてもらったものの、牡蠣を目視で確認できたのは最初の3分ほど。一瞬にして丼から牡蠣が姿を消してしまった。

・冬季限定なので冬のお楽しみに
牡蠣そばは2020年2月15日まで食べることができる。牡蠣がなくなり次第終了することも考えられるので、どうしても食べたい人は急ぐのが得策かもしれない。

もっと詳しく読む: この季節これしか食べない人もいる「おそばの甲賀」の牡蠣そば / 牡蠣ってこんなにウマかったんだ!(東京メインディッシュ) https://main-dish.com/2020/02/13/osoba-no-koga-kaki/

おそばの甲賀
住所: 東京都港区西麻布2-14-5
時間: 11:30~14:45 17:00~21:00
休日: 日曜 月曜

access_time create folderグルメ

東京メインディッシュ

気になる”お店”のオススメが分かる、使えるレストラン情報! 東京を中心とした秘密のグルメや”おいしい”ニュースを、某編集者たちがお届けします☆

ウェブサイト: http://main-dish.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧