【外国人に人気のラーメン屋を調査!vol.13】外国で人気の店が逆輸入!オープンしたばかりの「ラーメン凪 BUTAO」を実食ルポ

access_time create folder生活・趣味
外国で人気の店が逆輸入!「ラーメン凪 BUTAO」の旗艦店がオープン

海外で人気のお店「BUTAO」が日本に!

おしゃれな外観。神田駅からすぐ!
「ラーメン凪 BUTAO」はフィリピン、台湾、香港、アメリカなど、海外6カ国で35店舗のお店を展開している「ラーメン凪 豚王」のリブランディングのお店。日本でも「豚王」は逆輸入され展開されていますが、「BUTAO」は新業態になり、国内初の旗艦店として神田に新店舗をオープンしたのです。

「豚王」はアメリカでは常に2時間待ちの行列ができるということですから、すでに海外では名前を知られているという意味で、このお店も外国人観光客に人気が出ることはまちがいないでしょう。海外の方にとっては「美味しいラーメン屋」という認識もあるのは強そうです。

「ラーメン凪」はもともとは豚骨ラーメンのお店だった
この連載でも取り上げたことのある「ラーメン凪」は煮干しラーメンの「すごい!煮干しラーメン凪」で有名ですが、実はスタートは豚骨ラーメンだったとか。この「豚王」ブランドは、その豚骨ラーメンを展開しているお店になり「ラーメン凪」の元祖と言えるものなのです。

「海外では煮干しより豚骨の方が人気だった」ということで元祖だった豚骨ラーメンでの海外進出をし、人気のお店になったとか。日本での店舗オープンは、「凪」の元祖に戻ったということになるのかもしれません。

メニューは「ラーメン」のみ!
まず、お店に入ったら食券を買いますが、メニューは「ラーメン(税込830円)」しかありません。そうなのです。「BUTAO」ではラーメン一つしかメニューがないのです。ネギやチャーシューなどのトッピングはありますが、まずはこのラーメンを注文します。

テーブルに置かれた赤鉛筆と「OMOTENASHI SHEET」
席に着くと、「OMOTENASHI SHEET(おもてなしシート)」が赤鉛筆と一緒に置かれています。スタッフの方の説明によると、その日の気分によって4色の豚骨ラーメンを選べるのだとか。値段はどれを選んでも同じ。トッピングも同じです。これは面白いシステム!

ブックレットで4色の味の違いを確認
それぞれの味の特徴はテーブルに置いてあるブックレットに説明があるので、読みながら選んでみましょう。

1 2 3 4次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧