相葉雅紀と本田翼がアドリブでリアクション!『アサヒ贅沢搾り』リニューアル新TVCMオンエア

access_time create folderエンタメ

2月4日(火)よりリニューアル発売する『アサヒ贅沢搾り』の新TVCMに相葉雅紀さんと本田翼さんが出演。「まるかじりチューハイ2020篇」がリニューアル発売同日以降、放映開始します。

今回の新TVCMも昨年に引き続き、相葉雅紀さんと本田翼さんを起用。『アサヒ贅沢搾り』の商品特長である「果物をまるごとかじったような味わい」を、「まるかじり」というメッセージでアピール。CM使用楽曲である「GET UP AND DANCE」を新たにアレンジし、軽快なリズムに乗りながら、相葉さんと本田さんがグレープフルーツをまるかじりしたり、『アサヒ贅沢搾り』を飲んだりすることで明るく楽しい商品の世界観を表現しています。

撮影エピソード

撮影は都内のスタジオで行われました。相葉さんと本田さんは本CM2回目の共演で、最初から息ピッタリ。昨年に引き続き6台のカメラを使用し、二人の自然な笑顔とリアクションを狙いました。

さらに今回は、お二人に様々なフルーツの中から好きなものを選んでもらい、それに『アサヒ贅沢搾り』を注いで飲む新しい飲み方「“超”贅沢搾り」を体験してもらいました。二人とも「超贅沢搾り」作りを大いに楽しんで、味にも大満足したようで、笑顔あふれる撮影現場となりました。

また『アサヒ贅沢搾り』の限定フレーバー商品を訴求するCM用に、スタッフが提示したお題に対して二人がアドリブでリアクションをする様子を撮影。新しいチャレンジをするお二人の様子は、今後限定フレーバー商品の発売時に随時公開します。

アサヒ贅沢搾り「リニューアル発売記念キャンペーン」実施

また、2月4日(火)からリニューアルに合わせて、通年商品4フレーバーと期間限定商品<柑橘ミックスヨーグルトテイスト><ベリーミックスヨーグルトテイスト>2フレーバーを対象とした、「リニューアル発売記念キャンペーン」を実施します。対象商品に貼付けされているシールに記載の二次元コードを読み込み、アサヒビールLINE公式アカウントにてご応募いただくキャンペーンです。

キャンペーンでしか飲めない限定フレーバーの「アサヒ贅沢搾りパイナップル缶350ml×6本」が当たるコースを含む、3つのコースに応募することができます。「アサヒ贅沢搾りパイナップル」は、飲む前にゆっくり逆さにすることで贅沢に搾った果実のおいしさが全体に広がる『アサヒ贅沢搾り』の商品特長をより味わっていただけるよう、缶体デザインを上下逆さにしました。

〈対象商品〉
・アサヒ贅沢搾りグレープフルーツ 缶350ml、缶500ml
・アサヒ贅沢搾り桃缶350ml、缶500ml
・アサヒ贅沢搾りキウイ缶350ml、缶500ml
・アサヒ贅沢搾りレモン缶350ml、缶500ml
・期間限定贅沢搾り柑橘ミックスヨーグルトテイスト 缶350ml
・期間限定贅沢搾りベリーミックスヨーグルトテイスト 缶350ml
※その他、対象期間内の発売商品を含みます。
〈企画方式〉
・応募抽選方式となります。
・対象商品に貼付けされているシールに記載の二次元コードを読み込み、アサヒビールLINE公式アカウントにてご応募いただけます。
※本キャンペーン対象シール以外のご応募は、無効となりますので予めご了承ください。
※ハガキ応募の受付は行っておりませんのでご了承ください。
〈応募期間〉
2020年2月4日(火)~2020年4月23日(木)
〈発売地域〉
キャンペーン限定フレーバー「贅沢搾りパイナップル缶350ml×6本」に1ポイントからご応募いただけます。
さらにポイントを集めると3ポイントコース・5ポイントコースに応募が可能です。
1ポイントコース:抽選で、8,000名様にキャンペーン限定フレーバーの「贅沢搾りパイナップル缶350ml×6本」が当たります。
3ポイントコース:抽選で、1,000名様にLINEポイント1,000ポイントが当たります。
5ポイントコース:抽選で、50名様に北海道産「黒小玉スイカ」が当たります。
※賞品、当選人数は変更となる場合があります。
〈賞品発送〉
賞品の発送は2020年5月中旬頃から順次進呈予定となります。
〈応募資格〉
本キャンペーンの応募は、満20歳以上の方に限定させていただきます。
※未成年者のご応募はできません。
〈お問合せ先〉
「アサヒビールLINEキャンペーン」事務局:0120-322-316
受付時間:午前10:00~午後5:00[土・日・祝日及び5月2日(土)~5月6日(水)を除く]
開設期間:2020年1月14日(火)~2020年8月下旬を予定

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧