アップルウォッチを究極の健康促進ウエラブルデバイスに!「AURA Strap」が画期的

access_time create folderデジタル・IT

アップルウォッチを究極の健康促進ウエラブルデバイスに変換する「AURA Strap」が誕生し、先行予約が開始された。

・アップルウォッチが究極のヘルストラッカーに変身

アメリカに本拠を置くヘルスケア会社「AURA Devices」が開発した AURA Strapは、アップルウォッチを究極のヘルストラッカーに変身させる。

生体インピーダンス法(体内に弱い電流を流して、水の量や体脂肪などを計算する技術)を使用して、ユーザーの脂肪と筋肉の割合や水分の量を測定。また、肺の働きと呼吸の変化を追跡し、脈拍データと比較して心不全のリスクを評価する。そして、ユーザーが許可すると、そのデータをユーザーや医師や保険会社に通知するという優れモノだ。

・ 価格は1万700円で、現在先行予約を受付中

AURA StrapはアップルウォッチもしくはiPhone用の専用アプリApple HealthKitや他のフィットネスアプリと連携でき、フィットネスやダイエットの進捗状況を追跡して、新たな目標を設定できる。

使い方は簡単。アップルウォッチでアプリを開き、ストラップのボタンを押して電極を触ると測定が始まり、アップルウォッチとアプリに測定結果が表示される。1個のバッテリーのみで最大6か月起動し、アップルウォッチと同等の優れた防水性をもつため、安心して使用できる。

先日、米国で開催されたCES2020において、AURA StrapはCESイノベーション賞を受賞し、現在先行予約が始まっている。価格は99ドル(約1万700円)で日本への配達にも対応。4色を用意しており、3月下旬からの発送を予定している。

AURA Devices

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧