アフリカ系アメリカ人男性が人種差別訴訟のワンツーパンチ 「今回の和解金は桁が違ってくるかもね」

access_time create folder政治・経済・社会

アフリカ系アメリカ人の男性が、人種差別訴訟の和解金の小切手を銀行に持ち込んだところ、詐欺を疑った銀行が警察を呼ぶ事態となり、改めて銀行を相手取った人種差別訴訟を起こしました。

https://twitter.com/tomgara/status/1220360049203318788
サントーレ・トーマスさんに訴えられたのは、ミネソタ州のTCF銀行。“アフリカ系という理由”で解雇されたとして、トーマスさんは元雇用主であるレンタカー会社のエンタープライズ・リーシングを相手取った人種差別訴訟を起こしていました。

同社との和解金、合計9万9000ドル(約1080万円)の小切手3枚をTCF銀行に持ち込んだところ、銀行員に詐欺だと疑われ警察を呼ばれてしまいました。これまた、“アフリカ系という理由”で警察を呼ばれたとして、TCF銀行を相手にさらなる人種差別訴訟を起こすことになりました。

Detroit man sues bank for not taking checks(YouTube)
https://youtu.be/DMdemkC8bDg


AP通信の取材を受けるトーマスさん。

人種差別訴訟のワンツーパンチを繰り出したトーマスさんの行動に対して、以下のような声が集まっています。

・銀行が「マネージャーがアフリカ系なので人種差別ではなかった」と言い張ってるのが笑える。銀行のポリシーがそもそも人種差別的なんだろうな
・ダメージコントロールと法的防御は同じじゃないんだよ
・TCF銀行との和解金の小切手を別の銀行に持ち込んだら、また同じことが起きるかもよ
・すぐ警察呼ぶかね、しかし
・これがアメリカ
・今回の和解金は桁が違ってくるかもね
・別の銀行ではすぐ対応してもらって現金化も早かったみたいだね。TCF銀行相手の訴訟も勝訴確定だな
・バンク・オブ・アメリカで同じような経験をしたことがある
・TCF銀行の声明文に「他のお客様と同様の対応をしただけ」という一文があったけど、他の客に対しても疑わしいとすぐに警察呼ぶってこと?
・アメリカで60年以上生活しているけど、何も変わらない

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/tomgara/status/1220360049203318788

※ソース:
https://www.washingtonpost.com/nation/2020/01/23/banking-while-black/
https://apnews.com/5f3a9a78af34ee91d5002d088ba24c24

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧