悲劇!「国際結婚で中国人妻をもらった農家」に話を聞いてみた

access_time create folder政治・経済・社会

アメリカとの軍事的問題や貿易摩擦、チベットへの弾圧、台湾の独立、今大問題に発展しているのが新型のコロナウイルスによるパンデミックなどなど、いろいろな問題を抱え、日本とも冷え込んだ関係にある大国・中国。

隣国でありながら、付き合えば付き合うほど文化や国民性、価値観の違いなどを感じてしまう不思議な国ですが、その中国から妻として迎え入れられる女性は、年間1万人超のペースで日本全国にやってきているのが実情だそうです。これは日本の農村部など嫁不足の地域で、結婚したいのに出会いがない男性が海外から妻を受け入れているケースが増えているということです。

中国人妻の多くは、中国の内陸部や東北部の貧しい地域の出身。日本に嫁として来れば贅沢をして、祖国の親兄弟まで豊かになれる。そのため、自分の娘を差し出す家も多いといいます。

今回お話を聞けたのは、6年前に中国から妻をもらった笠原正治さん(仮名/50歳)。幸せな結婚生活を送れると思ったはずなのに、彼が体験したのは、国際結婚からの無間地獄でした。

※編集部・注:こちらの記事は取材当時の内容を元に執筆されております。

ハルピン出身の女性は優しい

丸野(以下、丸)「どういったいきさつで中国から奥さんをもらわれたんですか?」

笠原さん「奥手で女性と付き合ったこともないんですよ、私。高校卒で、ずっと米農家の家業を手伝っていたんですが、孫の顔を見せろと親がうるさくて。事情を知ってか、母親が“中国から嫁さんもらったら”と……。で、国際結婚の相談所『国際ハッピーウエディング(仮名)』の担当者と会ったんです。“ご両親の期待に応えてみませんか?”という矢継ぎ早なセールストークを浴びせられて、書類にハンコをつきました」

丸「なるほど」

笠原さん「中国人女性というのは、日本に憧れていて、包容力のある日本人男性と結婚することで経済的に安定したいといいます。何よりも、芯が強くて、我慢強く、家族のことを一番に考えるのが中国人女性だと……。中でも、ハルピンの女性は気立てが良くて、優しいというのです。上海や北京など都市部の女性は、意地が悪くて拝金主義だと……。自分も田舎者なので、地方の女性に好感を持ちました

丸「で、渡航を?」

笠原さん「はい。お見合いツアーに参加しました。料金は渡航費と紹介料、ホテル代、現地での交通費、飲食代、結納金、結婚式の費用で、350万弱。日本では100人弱いる女性の写真を厳選して、その中から見合い相手を10名ほど選びます。それから、日取りを決め、訪中です。空港には同じく農家出身の独身男性が4人いました。一行は『中国南方航空』の直行便でハルピンに到着。予約された水道も出ない安ホテルに荷物を置き、早速レストランで見合いです。順番で5人の女性が次々やってきて、彼女たちと話しました。目を引いたのは、地元ハルピンの李清漣(仮名/28才)でした。日本軍の世話人をしていたという祖母直伝のたどたどしい日本語で話しかけてきました」

元妻からの猛烈なアプローチ

丸「どんな言葉を?」

笠原さん「“あだだ、食べモノ何好き?”とか、一生懸命話かけてくれたわけです。その姿に私も惹かれて……。結婚するんなら、日本語が話せた子がいいわけですし。カップル成立になってからは、もうアプローチされました。“ワダチ好きなた、結婚するか?”と。で、結婚を決めましたね。中国国内法に基づき、結婚手続き、披露宴、写真撮影と現地滞在して行いました。気持ちが悪いくらい親戚縁者がフレンドリーで、日本に嫁ぐことをすごく喜んでいました」

笠原さん「私のみ帰国し、中国から持ち帰った結婚証明書と公証書を提出して、日本での入籍を済ませます。3ヵ月後、“笠原清美”になった彼女が手を振っていて、うれしかった。それからは、初夜です。妻にリードされて、無事終わりました。翌日からは、両親との同居生活がはじまり、建て増しした離れで暮らしはじめました。ちょっとショックだったのは“私が住む街の方がずっと都会……”という言葉でしたね。日本人は金持ちで、贅の限りを尽くせると思っていたらしいんです。しかし私の方は、そこからは彼女に溺れました」

丸「笠原さんにとって初めての女性ですものね」

1 2次のページ
access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧