SNSごとにプロフィール写真使い分けてる? 有名人が次々に参加するドリー・パートン・チャレンジが盛り上がっています

access_time create folderエンタメ

カントリー・ミュージックの殿堂にも選ばれた歌手のドリー・パートンが、LinkedIn(ビジネス系SNS)、Facebook、Instagram、Tinder(出会い系SNS)ごとに異なるプロフィール写真を投稿したところ、Twitterで“ドリー・パートン・チャレンジ”として火が付き、盛り上がりを見せています。

https://twitter.com/DollyParton/status/1219681321762656256
“ドリー・パートン・チャレンジ”のきっかけとなったツイートがこちらです。SNSごとにLinkedIn=ビジネス、Facebook=私生活、Instagram=映え、Tinder=異性ウケを意識したプロフィール写真になっていますね。

有名人のツイートが話題になると、他の有名人も便乗しがちなのは日本もアメリカも一緒です。

この投稿をInstagramで見る Janet Jackson(@janetjackson)がシェアした投稿 – 2020年 1月月23日午後4時40分PST

https://www.instagram.com/p/B7rsCINpiWd/
ジャネット・ジャクソンも反応。

https://twitter.com/Schwarzenegger/status/1220793092090908673
SNS好きなシュワちゃんもノリノリで便乗しています。

https://twitter.com/llcoolj/status/1220543538821156865
ラッパーのLL・クール・Jも、年齢50才オーバーを隠蔽するような若い頃のベストショットを4枚投稿。

https://twitter.com/terrycrews/status/1220377343803428866
元NFLプレイヤーで、現在は俳優やタレントとして活躍するテリー・クルーズ。完全にウケ狙いですね。

他にも数多くの有名人が参加していて盛り上がっているドリー・パートン・チャレンジでした。

もっと見たいというのであれば、TwitterやInstagramで“dolly parton challenge”などの単語で検索してみてはいかがでしょう。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/DollyParton/status/1219681321762656256

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧