ジム・ジャームッシュ監督×豪華キャストのゾンビコメディ『デッド・ドント・ダイ』4月公開 ほのぼの愉快な海外版予告編解禁[ホラー通信]

access_time create folder映画
ジム・ジャームッシュ監督『デッド・ドント・ダイ』海外版予告編 ビル・マーレイ、アダム・ドライバー

2020年春の日本公開がアナウンスされていたジム・ジャームッシュ監督・脚本のゾンビコメディ『The Dead Don’t Die』(原題)より待望の続報が到着! 邦題が『デッド・ドント・ダイ』となり、4月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開することが決定した。併せて、海外版予告編に日本語字幕をつけた予告編が解禁となっている。

アメリカの田舎町で巻き起こるゾンビパンデミックを描く本作。『ゾンビランド:ダブルタップ』での大活躍(?)も記憶に新しいビル・マーレイ、そして『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役など近年ノリにノリまくってるアダム・ドライバーが、おとぼけ警官コンビを演じる。

ジム・ジャームッシュ監督『デッド・ドント・ダイ』

今回解禁された海外版予告編は、アメリカの田舎町センターヴィルに、何やら恐ろしい影が忍び寄るシーンから始まる。3人だけの警察署で勤務するロバートソン署長(ビル・マーレイ)とピーターソン巡査(アダム・ドライバー)、モリソン巡査(クロエ・セヴィニー)は、ダイナーでの変死事件を皮切りに、思わぬ事態に巻き込まれていく。

次々と墓場から蘇えり、町に溢れる死者たち。彼らはどうやら生前の活動に引き寄せられているようだ。ピーターソン巡査はナタを振りかぶり、ナイス・スウィングでゾンビの首を切り落としていく。一方、葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)も、道着をまとい日本刀を携えて救世主のごとく現れ、ゾンビを斬りまくる! しかし、時間を追うごとにパンデミックは広がっていき……。

キャストは豪華なジム・ジャームッシュ・ファミリーが大集結。イギー・ポップが死後もなお生前大好きだったモノを求め彷徨う”コーヒー・ゾンビ”に扮するほか、スティーブ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、セレーナ・ゴメス、『アンチヴァイラル』『ゲット・アウト』のケイレブ・ランドリー・ジョーンズなどなど……。ああ、4月が待ち遠しいね。

『デッド・ドント・ダイ』
4月3日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧