浅草のくら寿司が外国人ウケに振り切ってる! 畳のシートに射的や輪投げも

access_time create folderグルメ

回転寿司チェーンの無添くら寿司は、1月22日(水)、日本を代表する観光名所である東京・浅草にグローバル旗艦店となる「くら寿司 浅草ROX店」をオープン。一足先に内覧会に参加してきたのでレポートします。

業界初の“ジャパンカルチャー発信型”店舗と銘打たれた同店は、観光と食事が同時に体験できる「サイトイーティング(SightEating)」な楽しい内装が目を引きましたよ。

ジャパンカルチャーが詰まった店舗

日本の“祭り”をイメージしたジャパニーズモダンなデザインは、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が監修を担当。

天井が高く、やぐらが組まれたような店内は、225坪の店舗面積、272席の座席数ともにくら寿司として世界最大。

待機スペースには歌川広重の浮世絵や提灯などが飾られ、柱やテーブルには白木を、各座席には畳のシートを使用するなど、和のぬくもりが感じられる空間に。

調味料はテーブルの中に格納されているので、食事スペースがすっきり広々しているのもグッドです。

くら寿司の代名詞となっている「ビッくらポン!」もスタイリッシュに。

カプセルの中には景品とともに“縁日スペース”の利用券が封入されているものがあり、引き換えることで店内の射的や輪投げを楽しめます。これはキッズたちがモリモリ食べたくなるヤツ。

注文用のタッチパネルは日本語、英語、簡体字、ハングルの4言語に対応。さらに、外国語対応できるスタッフがプレートで明示されているので、訪日外国人にとってもファミリーで訪れやすく、日本の文化に気軽に触れられる人気のスポットになっていくかもしれません。

各国にも旗艦店をオープンへ

店内装飾や食器類には見慣れないロゴマークがデザインされていました。こちらも同じく佐藤可士和氏がデザインを担当し、ひらがなの「くら」は江戸文字をベースに外国人にも親しまれやすいフォルムを目指したそう。

新ロゴはグローバルでのブランド確立のために刷新されたもので、今後は日本の各店舗、および海外の各店舗でも共通して使用されていく予定とのこと。2009年に米国、2014年に台湾に進出したくら寿司は、2020年に中国・上海へ初出店を予定。各国にもその国のカルチャーを反映した旗艦店をオープンさせていくとしています。

@getnewsfeed

#くら寿司 浅草ROX店の内装がユニーク!射的や輪投げが遊べる縁日スペースも。

♬ SUSHI食べたい feat.ソイソース – ORANGE RANGE

くら寿司 浅草ROX店:
http://www.kura-corpo.co.jp/store/detail-cp/530/

access_time create folderグルメ
よしだたつき

よしだたつき

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧