大分県産食材を使用した「大分トリニータ×ローソン」 コラボ弁当が発売

access_time create folder生活・趣味


甘辛いタレがクセになるかも。大分県民に人気の丼ぶりがコンビニに登場!

Jリーグクラブ「大分トリニータ」と「ローソン」がコラボし、大分県産の食材を使用した「ボリューム大分トリニータ弁当」が大分県内のローソンで販売中だ。

コチュジャンで和えたタレが決め手

「大分トリニータ」と「ローソン」は大分の地域活性化を目指し、さまざまなコラボ企画を手がけている。

同弁当は鶏肉と大分県産のニラをコチュジャンで和えて、ボリュームたっぷりのご飯にあわせたもの。甘辛く仕立てた味わいで、ご飯が進む丼ぶりメニューだ。

同レシピの「トリニータ丼」は、大分県内の学校給食としても出されているそうで、県民にはなじみ深い人気のメニューだとか。

大分を訪れる際にはぜひ「ボリューム大分トリニータ弁当」598円(税込)を味わってみて。

access_time create folder生活・趣味

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧