『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介インタビュー「いつも役柄との相違点を意識して演じています」

access_time create folder映画

シリーズ累計50万部を超える織守きょうやの小説「記憶屋」を、『ツナグ』『天皇の料理番』『義母と娘のブルース』などで知られる平川雄一朗監督が映画化した『記憶屋 あなたを忘れない』が1月17日より公開となります。

恋人の記憶を取り戻すため記憶屋探しに奔走する大学生・遼一役にHey! Say! JUMPの山田涼介さん、遼一の幼馴染・真希役に芳根京子さん、遼一の記憶だけを失ってしまった恋人・杏子役に蓮佛美沙子さんなど、豪華キャストが集結する本作。遼一と共に記憶屋探しをする弁護士・高原を佐々木蔵之介さんが熱演しています。

今回は佐々木さんに撮影で印象に残っていること、山田さんとの共演の感想などお話を伺いました。

――本作楽しく拝見させていただきました。佐々木さん演じる高原の役どころが、ネタバレ無しで伝えるのが難しいのですが、本当に素晴らしかったです。

佐々木:ありがとうございます。僕はこの高原というキャラクターの明るく軽やかな性格が好きで、複雑な想いを内に秘めながら、今の時間を大切に生きている。そういう所が良いなと思って演じていました。

――飄々としながらも、本当は辛い気持ちを抱えているという役柄は難しかったのではないでしょうか。

佐々木:そうですね。でもどんな役でも簡単という事はありません。僕は役柄に共感や自分との共通点を探すよりは相違点を意識して本(台本)を読み、その人物を演じるようにしています。今回の高原という役柄も彼が心の中でどんな事を考えているのか、お話の展開と共に注目していただければ嬉しいです。

――本作の撮影で特に印象に残っていることはありますか?

佐々木:広島の呉から安芸の大橋を山田君と一緒に車に乗って渡っていくシーンは本当に美しくて。朝の光はキラキラとしているし、夕日に照らされた瀬戸内の島と海がこうして映画に残り、皆さんに大スクリーンで観ていただけることが楽しみですね。

――本当に綺麗で、あの景色を観るだけでジーンとしてしまいました。山田さんとの印象的な出来事はありますか?

佐々木:山田さんは本当に素敵な俳優さんで、芳根さんもそうですが、とにかく真剣にストイックに役柄に向き合っている、そういう姿は僕にとっても刺激になりました。演じるということは全身全霊を注ぐ事なのだと再確認させてもらう、とても良い機会になりました。

先ほど話した広島の撮影の後、翌日に福岡でHey!Say!JUMPのライブがあったので、行かせてもらったんですよ。マネージャーがインフルエンザになってしまったので一人で行ったんですが、関係者席で見させてもらって、メンバーの皆さんが近づいてくると「あっ!」って僕に気付いて、コソッとお辞儀をしてくださる。これは申し訳なかったですね(笑)。でもライブはとても素晴らしくて格好良くて、まごうことなきスターであるのに、遼一という普通の大学生役を演じられる山田さんの表現の幅の広さに改めて感動しました。

――素敵なエピソードをありがとうございます。佐々木さんがHey!Say!JUMPのライブを見ているその空間がとても豪華です! この作品は多くの年代の方に楽しんでいただける事も魅力ですよね。

佐々木:本当にそうですね。山田さんや芳根さんと同世代の若い方はもちろん、僕と同世代の方、もっと上の方、幅広い方に届くお話だと思っています。僕は本作で佐々木すみ江さんとご一緒させていただいた時間が宝物の様に心に残っていて。僕にとっても思い出の作品になりましたし、これから映画をご覧になる皆さんにも、佐々木すみ江さんのお芝居を存分に味わっていただきたいと思います。

※編集部注:女優・佐々木すみ江さんは本作の撮影の後、惜しまれつつ逝去。

――今日は貴重なお話をどうもありがとうございました。

撮影:周二郎

『記憶屋 あなたを忘れない』
刊行以降の累計が、50万部を超える織守きょうやの小説を映画化。主人公の遼一(山田涼介)は、恋人の澤田杏子(蓮佛美沙子)にプロポーズする。ところがその後、杏子は遼一にまつわる記憶だけをすべて失っていた。遼一はショックを受けつつも、杏子がなぜそうなったのか原因を探るべく、幼馴染の真希(芳根京子)、弁護士の高原(佐々木蔵之介)らと共に、人の記憶を消せると噂される”記憶屋”を見つけだそうと奔走する。

1月17日(金)より、全国ロードショー
監督:平川雄一朗
出演:山田涼介、芳根京子、佐々木蔵之介、蓮佛美沙子、杉本哲太、泉里香、田中泯ほか
配給:松竹
(C)2020「記憶屋」製作委員会

https://kiokuya-movie.jp

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧