Onepieceの組織論(内田樹の研究室)

access_time create folder政治・経済・社会 生活・趣味

今回は内田樹さんのブログ『内田樹の研究室』からご寄稿いただきました。

Onepieceの組織論(内田樹の研究室)

集英社に頼まれて、『Onepiece』についての解説を三編書いた。2011年に二つ、2013年に1つ。これから養老孟司先生とマンガ論のつづきを京都ですることになっているので、「予習」のつもりで自分が7年前に書いた解説を読み返してみた。なかなか面白かったので、再録。

『Onepiece』の解説を書く仕事もこれで3回目となりました。今回は61巻から70巻までの物語から撰した「名言」集に解説をつける仕事を承りました。マンガの吹き出しの台詞だけを集めたアンソロジーに解説を付すというのも、考えてみると不思議な仕事ですね。でも、そういう例外的な要請が生じるのは、『Onepiece』の登場人物たちが意を決してきっぱりと口にする言葉がマンガとしては例外的に「強い言葉」だからでしょう。
 まず、「強い言葉」とはどういう言葉なのか。それについて少し考えてみたいと思います。
僕は武道と能楽を稽古していますが、その分野には強い型というものがあります。その型がまわりにいる人たちの身体に刻み込まれ、他人の身体にまで「感染する」、そういう力を持つ型のことです。
 僕が覚えている最もカラフルな実例はブルース・リーです。1973年に『燃えよドラゴン』が日本公開されたとき、僕は封切りと同時に渋谷の映画館に見に行きました。期待通りの大傑作で、見終わったあと、僕は興奮と感動に震えながら渋谷駅にたどりつきました。東横線の同じホームには何人も『燃えよドラゴン』を見た帰りの人たちがいました。なんでわかったかというと、ホームのそこらじゅうで衆人環視をものともせず、「あちょ~」と叫びながら少年たちが飛び回っていたからです。どうにも身体が動いて止らないというその感じが僕にはよくわかりました。ブルース・リーのこの映画は世界五大陸で大ヒットしました。世界中の子供たちが「あちょ~」と怪鳥音を上げて飛び回ったのです。人種も言語も宗教も超えて、世界中の人々がブルース・リーの「動き」に感染した。こういうものを「強い型」と呼ぶのだと思います。
 いかに力感があふれていても、破壊力があっても、スピードが速くても「感染しない型」があります。どこか生物として不自然な動きは感染しません。それはカロリー消費量は多いかもしれないけれど「強い型」ではなかったということです。池に投げた石が波紋を生み出すように、同心円的に感染してゆくためには、それが生物として「正しい」動きでなければなりません。感染して、自分もまたその型を模倣することで生命力が高まるような型、それが感染力のある「強い型」です。それに同化すると、こちらの身体が整ってくる。筋肉や骨格や関節の筋目が気分よく通る。心地よい波動が全身を満たす。無用な緊張がなくなる。身体の隅から隅まで感度のよいセンサーが機能していて、わずかな感覚入力が一瞬のうちに全身に伝わる。それが「身体が整った」感じです。
 これはなかなか自分ひとりで手作りすることがむずかしい。むしろ外部から一瞬で感染することで会得されるものです。他者の「強い動き」に「同化される」というしかたで身体が整う。これが本筋のようです。
 日本の古伝の武道には「夢想」とか「神伝」という名を冠したものがたくさんあります。流祖が深山や神社仏閣に籠っているとき、一夜夢の中で天狗や武神に出会い、その型を学んで奥義を極めたという流儀の起源についての物語があるからです。でも、これは別に流儀に箔をつけるための作り話ではないと僕は思います。流祖自身の身体実感だったと思うのです。この動きは自分の中から出て来たものではない。外部から到来した動きなのだが、それを「まねる」「まなぶ」ことで自分の身体が整い、かつてなく生命力が高まった、そのパーソナルな経験を語ろうとするとどうしても「夢の中で天狗に教わった」というような物語に近づいてしまうのだと思います。
 静止した芸術作品からも「強さ」を感じることがあります。
 パリのピカソ美術館の中庭にはピカソの造形した「山羊」の塑像があります。これは強いです。機会があったらぜひ一度ご覧になって欲しいと思います。小さな山羊が四本の脚でぐいっとパリの地面を踏みしめて、大地のエネルギーをぐんぐん吸い上げて、突き立てた二本の角から空めがけてばりばりと放電している。そんな感じがします。
パリのオルセー美術館の上層階には印象派の傑作を集めた部屋があります。以前、ひとりでぼんやり展示を見ながら、室の中程まで進んだところで、背中に異様な波動を感じたことがありました。振り返ってみたら、ゴッホの「ひまわり」でした。画布に塗られた絵の具の凹凸が皮膚にじかに触れてくるような手触りのはっきりした波動でした。
「美しい」というよりは「強い」という印象を与える芸術作品がときどきあります。そういう作品は近づくと「身体が整う」「身体が浮く」「身体が泡立つ」など、いろいろな感触を僕に残します。誰でも同じように感じるかどうかは分かりませんが、とりあえず僕は芸術作品を身体で受け止め、自分の身体の反応に基づいて、作品のクオリティを計ることにしています。

『Onepiece』には「強い言葉」が含まれています。僕自身の身体が反応するのでわかります。それを読むことで、読者の側の身体が整う感じがする、そういう強さです。   
 政治的に「正しい」からとか、論理的に「整合的」だからとかで、修辞的に「美しい」からとかで、言葉の「強さ」が決まるわけではありません。「強さ」というのは、そういうのとは違うレベルのものです。その言葉が周りの人々に「感染」して、それによって人々の身体や思考や感情が「整った」という結果によって「強さ」は判定するしかない。
 声高に絶叫された言葉でも、呪文のように執拗に繰り返された言葉でも、論理的にみごとにな言葉でも、ただそれだけでは周囲の人を「整える」ことはできません。たしかに「影響を与える」ことはできます。破壊したり、調子を狂わせることはできます。呪いの言葉はどれほど低い声でつぶやかれても、じわじわと感染して、周りの人の生きる力を損なってゆきます。そういうネガティブな力は呪詛にも怒号にも恨み言にもあります。でも、それは秩序を壊す力、積み上げてきたものを崩す力であって、整える力ではありません。僕が言っている「強い言葉」とは整える力をもつもののことです。破壊したり、崩落させたりする言葉のことではありません。
 他者の口から出た言葉なのだけれど、聞いているうちに、それが自分の中の深いところからにじみ出してきた言葉のように懐かしく感じられる言葉。ずっと思っていたのだけれど、なかなか言葉に出来なかったことを今かたちにしてもらった言葉。「強い言葉」はそういう納得感を伴います。
 むろん、そんなのは錯覚なのかも知れません。武道の流祖たちが「天狗に出会った」と思い込んだのもたぶん錯覚だったでしょう。でも、錯覚でいいんです。人間はそういう生きものなのですから。外部から到来したものを自分がずっと探し求めていたものだと感じて、それに一気に同化できる「被感染力」の高さこそ、他のどんな種にもまさって人類の成長と変身を可能にしたものだからです。

1 2 3 4 5次のページ
access_time create folder政治・経済・社会 生活・趣味

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧