【写真:原発20キロ圏内のリアル】駅のスタンドに刺さったままの新聞―JR双葉駅(双葉町)

access_time create folder政治・経済・社会
駅のスタンドに刺さったままの新聞

東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域のなかに存在するJR常磐線の駅をひとつずつたずね、駅とその周辺の今の様子を紹介していく。6つめの駅は双葉町の双葉駅。

双葉駅(双葉町)

双葉駅

東京電力福島第一原発の5、6号機が立地している双葉町の駅。

双葉駅 双葉駅

駅から車で5分ほどのところに、「原子力明るい未来のエネルギー」のゲートがある。

原子力明るい未来のエネルギー

ホームや駅舎は特に損傷は見られなかったが、駅のホームから見える歩道橋が真ん中からポッキリ折れていた。

双葉駅

駅のスタンドには2011年3月11日の新聞が刺さったまま。

駅のスタンドには2011年3月11日の新聞が刺さったまま

昨年4月10日に通りかかった時は、大野~双葉を結ぶ橋桁が震災の影響で崩落していたが、この7月には工事が開始され、崩落した橋脚が撤去されていた。

大野~双葉を結ぶ橋桁が震災の影響で崩落していた 崩落した橋脚が撤去されていた

双葉駅の商店街。ここには、一福屋という中華料理屋さんがある。双葉のソウルフードだ。

双葉駅の商店街 一福屋

※「原発20キロ圏内のリアル」連載のすべての記事はこちら

※「原発20キロ圏内のリアル」は、福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けするガジェット通信連載企画です。

access_time create folder政治・経済・社会
木戸川シャケの記事一覧をみる

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧