照明が作る影でドラキュラの顔が出現する「ドラキュラ伯爵」のビルボード 「山下工美というアーティストがこういう作品を手掛けているんだよね」

access_time create folderエンタメ

BBCとNetflixが共同製作し、Netflixでは1月4日から配信が始まった「ドラキュラ伯爵」ですが、配信開始前にイギリスのロンドンとバーミンガムに出現したビルボードが話題です。


https://twitter.com/sturdyAlex/status/1213142963230052352
ビルボードの左側には何本もの木の棒が刺さっています。日が暮れて、左から照明を当てると木の棒の影がドラキュラの顔となって現れるという仕掛けになっています。


https://twitter.com/WolofBomberg/status/1213156124440047617
SNS上では、立体に光を当て壁にシルエットを作り出すアートで知られる日本人アーティストの山下工美さんの作品ではないかという声が複数寄せられていましたが、別のアーティストによるものです。

その他には以下のような声が集まっています。

・この広告のほうがドラマそのものより断然いいね
・ドラマのほうもこれくらい楽しければ良かった
・「ドラキュラ伯爵」は観る価値なかったな
・これはいいアイデアだね
・すごい仕掛けだ
・クリエイティブだな
・「ドラキュラ伯爵」は面白くないという人が多いみたいだけど、僕は楽しめたよ
・マーケティングのプロのなせる技
・ドラマも面白かったです
・山下工美というアーティストがこういう作品を手掛けているんだよね

『ドラキュラ伯爵』最終予告編 – Netflix(YouTube)
https://youtu.be/z_LLWBTlw_g

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/sturdyAlex/status/1213142963230052352

※ソース:
https://www.adweek.com/creativity/this-bloody-clever-dracula-ad-gets-creepier-as-the-sun-goes-down/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧