どん兵衛を二郎系にする噂の調味料「マシマシの素」は牛丼にぶっかけても激しくウマすぎる!! スーパーで入手可能!!

access_time create folderグルメ

日清のカップうどん「どん兵衛」をラーメン二郎風にアレンジした“どん二郎”がネットで話題になって早3年。昨年11月には日清食品オンラインストアでどん兵衛2個購入につき簡単に激ウマどん二郎を作れる調味料「どん兵衛ニンニク・アブラ・ヤサイ マシマシの素」(以下、マシマシの素)が1個もらえるキャンペーンが展開され、しかも即日完売となるほどの人気ぶりでした。気になっていたけど残念ながら入手できなかったという方も多かったのではないでしょうか。

日清から衝撃の新調味料「どん兵衛ニンニク・アブラ・ヤサイ マシマシの素」が登場!! 爆速で作れる“公式どん二郎”がウマすぎて爆発しそう!!
https://getnews.jp/archives/2269072 [リンク]

全国のスーパーで入手可能になっている

ところが現在このマシマシの素は全国のスーパーでどん兵衛の販促品として展開されているそうで、SNSにも「マシマシの素を試してみた」という声が多数投稿されています。

そして実際僕も埼玉県内のイオンでキャンペーンの展開を確認。オンラインストアと同様に2個購入につきマシマシの素を1個もらえるシステムとなっていました。

日清食品オンラインストアで入手した方の大多数はどん二郎を作ることを目的にどん兵衛を購入したと思われますが、スーパーでどん兵衛を買うとなれば話は別。どん二郎を作るつもりはなかったのにマシマシの素を入手し、使う機会がないままになっているという方も少なくはないはずです。

今回はそんな方のために、マシマシの素を使った激ウマアレンジレシピをご紹介します。

マシマシの素を牛丼にかけると激ウマ!

用意するのはマシマシの素とテイクアウトした牛丼のみ。あらかじめ熱湯などに浸して温めておいたマシマシの素を牛丼の肉の上から垂らし、しっかりと和えれば完成です。

マシマシの素を肉に絡め始めた瞬間にそこはラーメン二郎の店内そのもの。ニンニクとアブラの香りが部屋に充満し、頭はクラクラ、体中の毛穴が開いて汗がダラダラとにじんできます。目の前の牛丼が鋭いパンチを放つ刺激物へと変化しました。

ニンニク臭フルパワーな牛丼を箸でおそるおそる口へと運び、口を閉じた瞬間、脳天に稲妻がズドーーーーンッ!! チャクラが全開!! ギャァァアアアアアアーーーーッ!!!! あまりにもウマすぎる~~~~~~!!!!

「味が濃くなりすぎるのでは?」という心配は御無用。マシマシの素はもともとどん兵衛にかける用の調味料なので、にんにく醤油やカップラーメンの液体スープをかけるのとは訳が違います。ニンニクとアブラの要素を激しくブーストし、甘めな醤油の味を尖った醤油の味に変化させるだけ。なので牛丼の肉の味付けにも見事にマッチ。ニンニクが全力で殴りかかってくるコッテリ牛丼へと変化を遂げるのです。

どん兵衛はどん二郎アレンジしないでそのまま食べるほうが好きだったという人も間違いなく多いでしょう。そのまま食べてもあっさりしていて最高に美味しいですからね。むしろどん兵衛よりどん二郎のほうが好きだという人のほうが少数派だと思います。

牛丼だってもちろんそのままが一番うまいという人も多いでしょう。しかし嫌いな人が少なさそうという点では、どん兵衛よりも牛丼のほうがマシマシの素と合うといってしまっていいかも過言ではありません。ものすごくご飯が進む味。食欲が全然なくても一口食べたら強引に食欲を全開にさせられる。そのくらいパワーに溢れた味へと変化するのです。

マシマシの素を家で眠らせてしまっている方はぜひお試しを。オンライン販売時に入手できなかったという方は、最寄りのイオンのカップ麺売り場を探してみてください。

(執筆者: ノジーマ)

access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧